就労移行支援事業所のスタッフは障害者の辛い気持ちは分かるとおっしゃっていますが、本当に障害者の気持ちって分かっているでしょうか?

就労移行支援事業所のスタッフは障害者の辛い気持ちは分かるとおっしゃっていますが、本当に障害者の気持ちって分かっているでしょうか? 別にスタッフやサービス管理責任者は自分がまともに障害に該当するような所(実際に障害になった当事者)は見受けられないのに、「自分は障害の事をきちんと理解しているから障害者の特性は分かっています」と偉そうに言われたくありません。あと障害者と支援者を含めた健常者が分かり合う事は絶対にないでしょう。プライベートや仕事の意見の食い違い、障害に対する正確な理解度、健常者には特性がないなどすべてにおいて健常者を中心とした社会になっているので障害者には生きる道はありません。

福祉、介護62閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

そもそも解る訳が無い

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございます!

お礼日時:9/28 5:46

その他の回答(1件)

4

それをいえば、男尊女卑も変わりませんし、 非正規雇用だってみな同じなわけないでしょう? どうしてそれが、障碍者だけにあたると思われるのでしょうか? そして、健常者にみえているその人が、 内臓疾患障碍者手帳をお持ちの方でしたら どのようなお考えですか? 言っておきますが、私も障碍者の方と沢山出会う機会がありましたので 存じ上げることが多いですが、 障碍者が障碍者を否定しても、健常者が障碍者を否定しても、 障碍者が健常者を否定しても、どれも間違いです。 それぞれが、それぞれの領分を守って生きることが共に生きる事だと 私は思っています。 そして、それなりに勉強した人が障害に対してしっかりと 認識してくださっているなら、それは心強いことです。 支援には必要なことですよ? それがダメなら何といえばあなたは納得なさって、 何と言えば、理解を深めていけるとおもいですか? 相手の方は沢山の方を相手しているはずです。 あなたに何十時間もかけていられないなら、認識がある。 という言葉は心強いものだと思うべきではないのでしょうか? それと、私は、障碍者の方の辛さ。の中にはいろいろな感情が あるのだと思っていますので、 1~10の全部を知っていると言っているわけではありません。 あなたとて、自分の事をしっかりと1~10言えますか? それと同じ事だと思います。 ですので、人の言葉を否定する前に、 心強い言葉をありがとうございます ぐらい言える人にならなければ人間性を疑います。

4人がナイス!しています