【プラネタリウムや天文が題材の小説】 プラネタリウムや天文、星が題材の小説で 何かおすすめがありましたら教えてくださいますか?

【プラネタリウムや天文が題材の小説】 プラネタリウムや天文、星が題材の小説で 何かおすすめがありましたら教えてくださいますか?

小説 | 読書17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

織田作之助:『わが町』 プラネタリウム小説の元祖といわれています。 むかし大阪の四ツ橋というところにあった電気科学館のプラネタリウムが話に巧みに織り込まれています。 「…お祖父ちゃんは、言わんでも、もうちゃんと良えとこイ行ったはる。南十字星見ながら死にはったんやもん。見たい見たい思てはった南十字星見ながら、行きたい行きたい言うたはったマニラへ到頭行かはったんや。…」 岡田淳:『リクエストは星の話』 こちらは児童文学です。星をお題にした4つのエピソードからなる短編集で、どの話もよく工夫されています。冒頭に置かれた『シールの星』はこの作者にしては珍しく、不思議な事が起こらない話です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 織田作之助は意外でした。

お礼日時:9/26 16:50