回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/24 7:54

22回答

海水魚水槽でオーバーフローの濾過水槽にろ材があると硝酸塩が出るとみるのですが、どんな関係で出るのですか?教えてください

海水魚水槽でオーバーフローの濾過水槽にろ材があると硝酸塩が出るとみるのですが、どんな関係で出るのですか?教えてください

1人が共感しています

回答(2件)

0

アンモニアが硝酸塩に変わる変化を、硝化と言います。 そして、硝酸塩が窒素に変わる変化を反硝化といいます。シポラックスと言う濾材やバイオメディアと言う濾材を使うと水槽内で反硝化を行います。窒素は空気中に拡散して消えてしまうますので、硝酸塩が無くなってしまいます。 硝酸塩 → 亜硝酸 → 窒素(空気中へ拡散) 嘘の様な本当の話です。

1

魚のフンやライブロックの微生物の死骸がバクテリアによりアンモニアを亜硝酸に変換してくれます。 さらに好気バクテリアにより亜硝酸をさらに毒性の低い硝酸塩に変えてくれます。濾材はバクテリアの住処なので真水で洗ったりとかしないで大切にしてください。底砂にもバクテリアが繁殖しますので同じサイクルで、 アンモニア→亜硝酸→硝酸塩と無毒化してくれます。後は水換えで硝酸塩を減らすしかありません

1人がナイス!しています