卒論の書き進め(内容)が分かりません。宗教と「死刑制度」について書こうと思っています。

卒論の書き進め(内容)が分かりません。宗教と「死刑制度」について書こうと思っています。 特に、仏教学に関する卒論にアドバイスを下さい。大学の卒論で仏教学に関する卒論を書きます。 テーマとしては、仏教と日本の法律を絡めて論じたいと考えています。 構想としては、「死刑制度」で、仏教の死生観と世界的に見ても稀な日本の死刑制度について論じたいです。 しかし序論からどう書いてどういう結論にもっていけば良いか分かりません。助けて下さい。 どうか詳しいアドバイスや参考になる論文・書籍等を紹介して頂けると幸いです。

ベストアンサー

0

とりあえず、大塚公子さんの本から読み始めてみたらいかが? 『死刑囚の最後の瞬間 』など、いくつか出版されてます。