ID非公開

2020/9/25 22:47

11回答

pixiv百科にて自作品ページを作ってしまいました……

pixiv百科にて自作品ページを作ってしまいました…… 閲覧ありがとうございます。 上記の通り、pixiv百科にて自作品のページを作ってしまいました。 2つほど自作品のカテゴリをpixivに投稿していて、そのうちの1つが他ユーザー様にページを作ってもらっていることを知り、その際に「ユーザーでも記事を作れるんだ」ということだけを知ってもう1つの自作品カテゴリの記事を作ってみたものの、あとから調べたら「自作品のページ」は削除対象であるらしいことを知ってしまいました。 記事が消されてしまうのは仕方ないとは思いますが、その際にアカウント停止などの処置もされてしまうのでしょうか? また、もし記事が消された後に他ユーザー様が改めて同じタイトルの記事を作るというのは可能なのでしょうか(自作カテゴリは2つとも大きなジャンルが同じなので、おこがましい考えではありますが、先に作られていた自作カテゴリの記事を作ってくれた方がもう一つのカテゴリのページを作ってくれるかもしれない、と思いまして……) 乱文で申し訳ありませんが、pixiv百科事典、特に作者による自作品ページの創作についてわかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけると幸いです……

pixiv44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

俺もやったことあります。何せあの頃は今と違って 自分の宣伝含めて こういうことをやってはいけないみたいな 利用規約は一切書いてませんでしたからね・・・。ハッキリ言って こう言った自作記事に対し白紙化などを決め込んでいる輩たちは 言ってしまえば【偽善者たちの勝手な所業状態】だったんです。 それに、コレは現在もですが ただ白紙化するだけの ユーザーは基本的には逆に通報対象となりえるみたいなので その点は強気でいいですよ。ただ、自分の作品の宣伝のため だけにやる場合は最近の改定で利用規約違反に抵触しかねない行為 となるようになった為まぁ、やらない方が良いですけど。 でも、何度も言うけど俺の今のこのタグの様に https://dic.pixiv.net/history/list/EGM%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF 【第3者への執筆依頼中】になるのなら 問題ないけど、白紙化された場合は強気で相手の事を 通報しに行った方が良いですよ。だって、利用規約で 自分の記事を書く事を禁止とは書いていないですし、むしろ そういった白紙化は特定の相手への誹謗中傷や差別につながる 規約違反行為になりえるぐらいなんでね。この点は覚えておいて 損はないと思います。 自作記事を間違って知らずに作ってしまったら 第三者に執筆依頼に出してもらう。 白紙化されたら相手を通報する。覚えておいてください。 そしてアカウント削除に自作記事を作っただけでなる事は まずないです。アカウント削除になる輩というのは 編集合戦になった際に相手を誹謗中傷したりすることが 原因でなる場合が殆どですから。これとか良い例ですよ。 https://dic.pixiv.net/history/list/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AB%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%8B なので、もしあなたの自作記事が誰かに白紙化されても その相手の事を悪質ユーザー呼ばわりしたり酷い奴だと 思ってもそれをみんなの目に触れる所に書かないこと。 それがアカウント停止を免れる為に必要な大人の行動です。 された事実を通報し後は運営に任せる。 【木乃伊取りが木乃伊になる】諺じゃないけど 白紙化するという利用規約違反者の事を毛嫌いしすぎるあまり 自分が相手の事を悪質ユーザーみたいに言う規約違反者に なってしまわないように十分気を付けて下さい。 ご参考までに。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

リンクを張っていただいてまでの詳しい説明ありがとうございます! 白紙化を狙われたり利用規約に引っかかる可能性が出てしまうだけで、必ずしも削除対象ではないのですね。 また、白紙化された場合の対処法も教えていただきありがとうございます! 記事が生き残ることを願いつつ、これからは自作記事を作成しないようにしながら、白紙化された場合には水面下での対応を心がけようと思います。 ご回答ありがとうございました!

お礼日時:9/27 21:25