ID非公開

2020/9/26 15:20

33回答

兄と弟である私が、亡き父の遺産分割協議を進めています。

兄と弟である私が、亡き父の遺産分割協議を進めています。 相続人は兄と私だけです。父と同居していた私がすべての遺産の内容を把握し、保持しています。 遺産は、かんぽ生命の300万円だけでした。 父が契約者で保険料の支払いも父です。 しかし、受取人の判断で迷っています。 遺言書には、【 介護保険金付終身保険 受取人 (弟の私の名前)保険証書記号番号×× ××××××× 】と書かれていました。 ゆうちょ銀行に、確認に行くと、資料は渡せないという事でしたが、生命保険の30万円の契約には受取人の欄があり、(弟の私の名前)が書かれていました。 しかし、他の契約(特約還付金150万円、介護保険金30万円、特約介護保険金30万円、疾病入院保険金30万円、手術保険金30万円)の合計270万円には、受取人の欄が無い事がわかりました。保険証書記号番号は、すべての保険、契約に一致していました。 この場合、 下記サイトには、【 特約還付金がかんぽ生命などから支払われた場合には、ほかの預貯金や土地などの財産と一緒に遺産分割協議にかけられることになります。保険金の受取人である相続人は、特約還付金の取り扱いに注意しておきましょう。 】と書かれています。 https://hoken-room.jp/seimei/5147 ① 遺言書通りに、かんぽ生命の300万円は、全額、私の固有の財産になるのでしょうか? ② ゆうちょ銀行の説明と、サイトの情報から、270万円を半分ずつに分けるのでしょうか? ③ それとも、ゆうちょ銀行の説明と、サイトの情報から、150万円を半分ずつに分けるのでしょうか?

法律相談 | 生命保険117閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

かんぽ生命に確認した方がよろしかろうと思いますが、死亡給付金は受取人が指定されている以上、課税以上は別として、法的権利関係としては、相続財産ではなく、受取人固有の権利と考えられます。 それ以外は受取人が指定されていないか、かんぽ生命の約款で契約者ないし被保険者に支払うものとされているのではないかと推測します。そうすると、お父さんの相続財産であり、結論として、30万はあなたが独自に請求権を持ち、残る270万を半分ずつ分けるということになりそうです。かんぽ生命に請求するときに、誰が何をどう請求するのかについて説明があると思います。

ID非公開

質問者

2020/9/26 16:18

回答ありがとうございます。 遺言書には、【 介護保険金付終身保険 受取人 (弟の私の名前)保険証書記号番号×× ××××××× 】と書かれていても、270万円を相続できないのですか? 受取人を記されている遺言書の効力は強力と聞きましたが?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございました。 本当に、感謝いたします。

お礼日時:9/28 18:37

その他の回答(2件)

0

法的なことのみ回答します 死亡保険金受取人が明記されているものは、その指定された死亡保険金が受け取る権利を持ちます 法的に有効な遺言で、特定可能な保険の受取人を変更している場合 保険法改正で遺言で死亡保険金受取人を指定できるとしたのが平成22年4月以降 そのため、契約時期が平成22年4月以降であれば遺言で指定される受取人が受け取る権利を持ちます ただし契約時期が平成22年3月以前の場合にはこれは適用されません 遺言が無効となる平成22年3月以前の契約で、死亡保険金受取人が指定されていない場合、保険会社の約款に従います かんぽの場合は遺族の順位が定められているはずです その順位が同位が複数いる場合、法的な権利は等分となります

ID非公開

質問者

2020/9/26 18:50

回答ありがとうございます。勉強になります。 本当にありがとうございます。

0

受取人が指定されている保険は問題なく指定受取人の物です。 相続財産全部が遺言書がによって質問者様受け取りに指定されていても財産遺留分が有ります お兄様が故人の意思を尊重して相続放棄をしない限りはお兄様にも相続権は有ると思います。

ID非公開

質問者

2020/9/26 16:50

回答ありがとうございます。