ID非公開

2020/9/26 17:35

33回答

スタインバーグ ur22mk2 を購入し、Cubase AIで歌の録音をしようとしたのですが、音を認識しません。

スタインバーグ ur22mk2 を購入し、Cubase AIで歌の録音をしようとしたのですが、音を認識しません。 接続は写真の通りで、向かって左側がコンデンサーマイク、右側がヘッドホンです。 PCとの接続は、裏側のUSB2.0と書いてあるところにケーブルをさしてつないでいます。 Cubase画面の、スタジオ→スタジオ設定→VSTオーディオシステムで、YAMAHAスタインバーグ USB ASIOを選択しています。 スタジオオーディオコネクション画面では、入力デバイスはモノラルで、YAMAHAスタインバーグ usb ASIOになっており、デバイスポート欄にも、ur22mkll インプット1と表示されています。 しかし、モニタリングボタンを押してもマイクが全く音を拾っていません。 なにが問題なのでしょうか…

画像

DTM | オーディオ31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

マイクがダメです。 コンデンサーマイクを繋ぐなら XLR コネクターで接続し、ファンタム電源(+48V)を供給します。 コンボ端子の標準フォンに挿して使うコンデンサーマイクなんてありません。 いや、ちょっと嘘です。 コンデンサーマイクと混同されがちな『エレクトレットコンデンサーマイク 』の場合は、マイク本体に乾電池を収めて使用するタイプのものもあるので、ファンタム電源は必須というわけでもありません。 が、標準フォンプラグで繋ぐマイクは UR22mkII では使えません。 コンボ端子にマイクを繋ぐ場合は XLR コネクターです。 ギター等の Hi-Z (INST) か、LINE レベルの信号(キーボード等)を繋ぐ時に標準フォンの端子を使います。 UR22mkII のブロックダイヤグラムを見ると、標準フォン接続時でも XLR 接続時でもマイクプリアンプ(HA:ヘッドアンプというのがそれなら、ですが)を通っているような感じがしますが、どう考えても扱う入力レベルが違います。(標準フォン接続時には“マイクプリアンプ”による増幅は行われないと考えるべき) なので、標準プラグに変換して挿したマイクは信号レベルが小さすぎて使い物になりません。 そもそも、コンデンサーマイクには動作に必要な電源を供給しないと機能しません。 そのために +48V のファンタム電源というものが用意されているのですが、これは XLR 端子で接続した時にしか機能しません。 怪しい中華マイクには、パソコンに直接繋いで使える“コンデンサーマイク”と称するものが多々ありますが、あれはパソコン側にパソコン用マイク(ほとんどは“エレクトレットコンデンサーマイク”)に電源を供給出来る『プラグインパワー』という機能があることを利用している製品です。 パソコンのマイク端子は、本来のコンデンサーマイクが必要とする +48V という高電圧ではなく、乾電池一本程度の電圧で動作可能なエレクトレットコンデンサーマイクのために、ほんの数V程度の電源を供給する機能があります。 なのでパソコン用マイクは音声用とは別の電源用の接点が追加された、一見ステレオミニプラグのような、というかステレオイヤホンと見た目は全く同じ端子になっています。 (接点の使い方が違うので間違えた繋ぎ方をすると危険もあります) 端子の大きさや形状だけを変換して合わせれば良いというものじゃないんです。 コンデンサーマイクが使いたいなら、ここにあるようなものを用意してください。 https://www.soundhouse.co.jp/search/index?s_maker_cd=&s_category_cd=852&s_mid_category_cd=&s_large_category_cd=&s_product_cd=&search_all=&sSeriesCd=&sPriceFrom=0&sPriceTo=9999999&i_type=c&i_sub_type=&i_page=1&i_sort=Price_ASC&i_page_size=32&i_ListType=type2&tag= ちなみに、ケーブルは別売りなので、XLR(メス)-XLR(オス) のケーブルも用意する必要があります。 使用環境によって必要な長さと、好みの色等で選んでください。 https://www.soundhouse.co.jp/search/index?s_category_cd=680&i_type=c XLR という規格は元々は ITT CANNON の特許規格でしたが、今は特許は切れたので、各社から互換品が出回っています。 個人的には信頼性の点で ITT CANNON 製のコネクターを使用したものがオススメですが、NEUTRIK 社製の互換コネクターも高品質で人気も高いようです。(それ以外の無印品でも、余程ハズレを引かない限りだいたい平気だとは思いますが) 画像では、マイクだけでなく、ヘッドホンも変換して接続しているようですが、正しい知識を持たずに変換して接続するくらいなら、まともなモニターヘッドホン(普通ならステレオ標準プラグ、または専用変換プラグを付属している)を用意しましょう。 せっかくの機材が泣きます。

ID非公開

質問者

2020/9/26 19:10

とてもよくわかりました! ありがとうございました! もしもまた何かあればよろしく(^^)

その他の回答(2件)

0

>なにが問題なのでしょうか… 問題は明らかです。 あなたが、音響機器を扱うための「基礎知識勉強」を事前にしておき、正しい知識を持って器材購入をしなければならないのに、ズボラなために勉強をサボって、知識が全く無いまま器材購入したことが原因です。 そして駄目なのが、「マイク」に関する質問なのに、その肝心なマイクの情報を一切記載していない、愚かな質問になっていることです。 使用器材すべての、正確で詳細な情報を記載しておくことは質問の基本マナーだということもわかっていない。 >向かって左側がコンデンサーマイク、 そんな接続で動作するわけが無いことは基本常識なのに、勉強サボっているからわからない。 勉強サボっているから、「コンデンサー型マイク」には必ず電源供給が必要だということがわかっていない。 そして、その方法には、 「ファンタム電源」「プラグインパワー」「バッテリー」etc・・・・ などの方式があるという基本すら理解していない。 もしそのマイクが、「ファンタム電源」で動作する機種なら、その接続では当然電源供給等できない。 また、「プラグインパワー」の「マイク」であるならば、「UR22mkⅡ」は「プロ仕様」の「バランス接続型のマイク」が接続されることが前提の設計なのだから、「プラグインパワーのマイク」がそのままでは使用できないことも基本常識。 さらに、「仕様」見ればわかるのに、「UR22mkⅡ」の取扱説明書も読んでいないが。 「コンボ端子」の「フォーンジャック」は「ライン入力」だということも基本常識。 趣味を楽しむためには、「必ず勉強が付いて回る」という基本がわかっていない。 まずは基礎知識勉強しないと、回答も理解できないはず。

ID非公開

質問者

2020/9/26 19:09

質問内容が不足していてすみません… 基本がどうたらとか勉強がどうたらとかは全てどうでも良くて、「どうしたらマイクが音源を拾ってくれるか」のみを聞きたかったのです。 上手く伝えられずすみません。

1

背面の「+48V」スイッチを「ON」にしてますか? コンデンサーマイクを使う際はONにしないと電源が供給されませません。

1人がナイス!しています