ID非公開

2020/9/26 21:52

77回答

小6女子です。

小6女子です。 将来の夢の漫画家を諦めようと思います。 私の将来の夢は漫画家なんですが、私の描く絵は 独特な絵なので、漫画家には向いてないと思います。 なので、これからは、画家かイラストレーターを目指そうと思います。 でも一つ悩み事があります。 画家かイラストレーターになるには、大学院に行くべきでしょうか?勿論、大学は行きますが。

将来の夢 | 絵画137閲覧

ベストアンサー

3

とりあえず一作でも漫画を完成させて投稿してみたらどうですか? いるんですよね「漫画家になりたい!」と主張しておいて一作も漫画を描かずにいる人。 て言うか漫画家志望者の殆どがそうです。 漫画に限らず創作の世界は完成させてなんぼ、の世界です。 あなたは今まで読んだ漫画雑誌の中で表紙だけ載っている作品、を見た事ありますか? 厳しい事を言いますが自分が好きな事である漫画を完成させる事も出来ない根気も熱意も無い人に大学院に行けるとはとても思えないんですが。 そもそも大学院は大学で学んだ人がもっと掘り下げて勉強なり研究なりがしたくて行く所です。 ただなんとなく響きがカッコいいからという理由で行く所じゃありません。 このままだとあなた口だけ人間に終わりますよ。 そしてそういうアカン人間は無数に存在します。 そしてこの回答を読んでも「ムキー!そんな事無いもん!漫画位描けるもん!」と思って漫画を描かないのなら漫画家には向いてないので諦めた方が良いですよ、マジで。

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

ID非公開

2020/9/27 11:18

漫画家については、まだあきらめるのは早いと思います。 もちろん、もう質問者様にやる気がないなら別ですが。 漫画は絵だけでなく、話がとても重要ですし、話さえ面白ければ絵は多少独特でも下手でもどうにかなります。 漫画家としてやっていけるかどうかは、編集者もしくは読者が決めることです。 なので、編集部に漫画を持ち込んだり、それでダメならSNSなどに投稿して直接読者の反応をみて、向き不向きを決めても遅くないと思います。 むしろイラストレーターの方が、絵が独特すぎると仕事にならないです。 イラストレーターは「お客様が求める絵」を描くのが仕事なので、お客様がたまたま質問者様の独特な絵を求めてくれたらいいですが、そんなお客ばかりではないので、いろんな種類の絵が描けるか、ある程度万人受けする絵じゃないと、厳しいです。 画家は、イラストレーターと違い、「あなたの絵が気に入った」という人だけが買ってくれる仕事なので、個性は重要になってきます。 なので独特なことは良いことなのですが、結局はイラストレーター同様に「あなたの絵が気に入った」人がどれくらいいるのかという話になってきます。 なので、画家で生計をたてられる人は非常に少なく、基本的には実家がお金持ちで、実家に頼って生きている人か、他に仕事を持って兼業している人がほとんどです。 本題ですが、イラストレーターになりたい場合の進路は、どういうイラストレーターになりたいかによります。 イラストレーターは就職口が極端に少なく、ほとんどゲーム会社やアニメの背景会社くらいしかないと思います。 そこに入りたいなら、有名美芸大に行くのが一番近道です。(有名美芸大でもあまり入れないほど狭き門ですが) 大学院は不要です。就職したい場合年齢的な若さも重要になります。大学院で学ぶより現場で学ぶ方が上達が早いので、むしろ大学院に行くと不利になる可能性があります。 会社に入らずにフリーランスの道を進む場合、画家同様にそれだけで生計をたてるのが難しくなるため、兼業が必要になることが多いです。 そこを考えると、就職が全般悪く学費が高い美芸大に行くより、普通大学に行って普通に就職した方が良いという話もあります。 家がお金持ちでない限りは、まずは普通の就職を目指す進路をお勧めします。 画家の場合は、ほぼ東京藝大一択になります。これはガチで目指す場合ですが。 大学院も行く人が多いと思いますね。イラストレーターと違い、画家は商業現場で鍛えるよりも、画業に専念しじっくり研究できる場や時間が重要になってくると思いますので。ちなみに大学院というのは基本研究機関です。 東京藝大に行けなかった画家志望が、他の美芸大から、大学院だけ東京藝大に行くというケースもけっこうあります。 それでもいきなり画業で食べていける人は少ないので、実家に頼ったり、パトロンを見つけるなどが必要になってくると思います。 そこまでガチに画家を目指さない、あるいは目指せない場合は、やはり普通の大学に行き、普通の仕事をしながら兼業で活動するのが現実的だと思います。その場合は大学院は不要です。(ただ、例えば兼業に選んだ仕事が理系などで、院卒の方が就職に有利になるなどの場合は別です。それは選んだ進路の特性に合わせてください) 美芸大などは、非常に学費が高い大学が多いです。東京藝大なら浪人も普通です。美術系の予備校にも高校から通わなければならないです。(東京藝大を目指すなら中学から通ってもいいです) 何かとお金がかかりますので、早い段階で保護者の方にご相談ください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/27 21:01

ありがとうございます

0

私の知人のイラストレーターは大学も大学院も行ってませんが、年収1000万円は超えてます。 学歴なんて関係ないです。 絵のうまさより営業力、交渉力、社会人としてのマナーがとても重要と言ってました。その業界は絵がうまくても意外とこれらができてない人が多いので、そういう人は全然稼げないそうです。 あれだけ絵の下手な西原理恵子がどのように絵で稼いできたかがとても参考になります。 美大でビリだったけど、学校の誰よりも稼いでいたそうですから。

ID非公開

質問者

2020/9/27 21:01

ありがとうございます

0

大学院や大学はなんでもいいです。なれるひとはなれるしなれないひとはなれません。 絵が独特な絵とか関係なしに、面白い漫画が描けるなら慣れます。 絵だけ描けても意味ないです。 これが苦手だから、向いてないからやーめた じゃあ難しいと思いますよ

ID非公開

質問者

2020/9/27 21:01

ありがとうございます

0

小6で夢を諦めるのは勿体ないΣ(´□`;) 独特な画質は、裏を返せば個性です。 その個性を伸ばしつつ、その絵に合ったストーリーを作れば良いのですよ。 今は、とにかくたくさん描いて、自分の作画(個性)を確定させましょう。 まだまだ時間はあるのだから、その中で漫画家の夢を追うのか、進路変更するのか決めたら良いと思います。 今、ここで進路を決めてしまうのは、あまりに勿体ない。 出来るところから頑張っていきましょう。

ID非公開

質問者

2020/9/27 21:01

ありがとうございます

0

画家として日本画壇という世界にはいるなら師匠が必要です。 イラストレーターはアーティストとして生きる、企業に勤める。どちらも大学院など必要はありません。

ID非公開

質問者

2020/9/26 22:24

ありがとうございます。