ID非公開

2020/9/27 21:30

33回答

江戸時代への行き方 中学生の子供が社会の授業で江戸時代を学んだようです。

江戸時代への行き方 中学生の子供が社会の授業で江戸時代を学んだようです。 そこで江戸時代に行ってみたいとのことで、江戸はもう終わったと説明するも何故か聞かれます。 何か上手く説明する方法はありますか? ※中学生でも自閉症の子なので、中学生位相手の説明でも通じないと思います。

日本史 | 中学校26閲覧

ベストアンサー

0

回答にならないかもしれませんが、 行けないという事実と終わったという事実は似てるようで違うものだと私は思います。過去に行けないというのは単に相応の技術が今現在ないからで、今は行けなくともいつか行けるようになる可能性はあるわけで、「過去には戻れない」という事を常識として子供に教えてしまうと過去には戻れないという固定観念を植え付けてしまい、子供は考え生きるのですからそこで思考を終わらせてしまうのはどうかと思います。 言い方を変えて、今は行き方が誰も分からないから行けない。という風に伝えれば子供自身で「じゃあどうすれば行けるんだろう」ということを考えるようになりそれが成長に繋がるんだと思います。逆にそこから物理のようなものに興味を持つかもしれないですし、歴史に興味を持つかもしれません。それがまた成長に繋がりますし、寧ろそれが合わないとお子さんが思うのであればそれも成長ではないでしょうか。(興味を持たせることが大事だと良く言いますが、親としては子供の能動的な行為に任せて興味を持たせるというよりかは、親自身の興味を持たさせようとする姿勢が大事だと思います。もちろんその後お子さんが興味のない反応を示せばそれ以上何かしてはいけないと思いますが。)

その他の回答(2件)