ID非公開

2020/9/27 23:04

11回答

毎日アルペン号について

毎日アルペン号について 満席と表示されている日と、催行決定となっているのに手続きを進めるとキャンセル待ちになっているものの違いはなんでしょうか? また、カレンダー上で満席となっていても進むと空き状況○(空席あり)となって、次へボタンを押すとキャンセル待ちになっていたり… キャンセル待ちをしていても、システム上空席になっていたら他のお客が予約を取れてしまうというのもよくわかりません。キャンセル待ちと言っても早い者勝ちということでしょうか。

ベストアンサー

0

以前電話で似たようなことを聞いたことがあります 満席の日はそれ以上増便を考えていない とりわけ繁忙期以外に多いです バスは今は男女が隣り合わせになることはありませんので 残り1席がそのような状態になる場合には空席なのに取れないということが起きます キャンセル待ちはそれが多い場合には増便も考えるが、あくまで考えるに過ぎないこと キャンセル待ちは連絡がきて それを受けて再度手続きが必要ですが早い者勝ちです キャンセル待ち何番目なんてものはありません そのような状況では発車まであと数日ということが多いので モタモタしてたら会社の方はビジネスチャンスを失うだけです アルペン号は、他所の高速バスと大きな違いがあります それは他所はバスの快適性で値段が変わりますがアルペン号にそれはありません ですから同じ行き先のバスでも日によってリクライニングが全くできないほどギュウギュウ詰めであったり、またその逆もあります さらに横一例が3シートの場合でも他所のように独立3列ではなく、独立1列と2列の組み合わせ 3シートの場合、2列をつなげることも出来ず、無駄な空席を高値で買うというおかしなことが起きます 毎日新聞社は今年の初めに、重大な業務違反があり、業務停止命令を食らってます また、今年2回ほどシステム上の異常を起こし、一時サーバダウン、予約ができない状態が続いていたりもしました それでも転売屋かたチケットを買う人がいるように 登山者は他の交通手段をよく調べずに利用するため都合の良いようにされているのが現実です 料金も非常に高いです、キャンセル料も異常に高いです 東京ー折立の金曜発が16000円ですが、 8月に夜行バス(乗車たったの3人)で新宿ー富山 登山から電車、有峰口からバスでかかった費用は6000円程度でした 到着はアルペン号より1時間遅れですが有峰林道で朝の渋滞を避けれるので実質的にはもう少し時間差は短くなります

ID非公開

質問者

2020/9/28 17:17

とても詳しくありがとうございます!何度か確認していると、催行決定だったものが満席になってしまい、キャンセル待ちには変わりないと思って電話で問い合わせてみようとしてるうちに、空き1というような表示に変わったので急いで手続きを進めたところ予約ができました。 キャンセル料が高いのはツアーという形を取っているから、というのをどこかで見ましたが、実際はツアーというわけではないのでなんとも言えない感じになりますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:9/28 22:10