このアメリカンジョークの意味を教えて下さい。

このアメリカンジョークの意味を教えて下さい。 ジョージ・ブッシュが死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。 そこで、門番にこう言われた。 「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。 ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」 ブッシュはしばらく考えてこう言った、「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」 すると門番は言った、「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

ユーモア、ネタ4閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

0

宗教の経典や聖書や文献に記されているあの世の風景は、 この世のそれをほとんどそのまま持ち込んで それを理想化したものです。 ・キリスト教の天国の描写・ ⋯⋯新約聖書ヨハネの黙示録より 玉座があり上に座っている方は、碧玉や赤めのうのようである。 玉座の周りにはエメラルドのような虹が輝いている。 また、玉座の周りに二十四の座があって、それらの座の上には白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が座っている。 玉座からは、稲妻、様々な音、雷が起こる。 また、玉座の前には、七つのともし火が燃えている。 また、玉座の前は、水晶に似たガラスの海のようである。 この玉座の中央とその周りに四つの生き物がいて、前にも後ろにも一面に目がある。第一の生き物は獅子のようで、第二の生き物は若い雄牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようである。 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目がある。彼らは、昼も夜も絶え間なく「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」 と言い続ける。 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門がある。 都の城壁には十二の土台がある。 この都は四角い形で、長さと幅と高さが同じで、天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンである。また、城壁を測ると、百四十四ペキスである。これは天使が人間の物差しによって測ったものである。 都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金である。 都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られている。 第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、 第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶である。 また、十二の門は十二の真珠であり、どの門もそれぞれ一個の真珠でできている。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金である。 水晶のように輝く命の水の川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実を実らせる。 そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。 神と小羊の玉座が都にあって、神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎ見る。もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。 神である主が僕たちを照らし、彼らは世々限りなく統治する。 バラモン教の経典ヴェーダ文献によれば、 最高天は「光明、緑陰、酒や美食、歌舞・音楽に恵まれた 理想郷として表象されている」(中村元『ヴェーダの思想』P349)

0

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BBW%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5 大統領候補時代に、記者から「パキスタンの大統領の名前は?」と質問され答えられないなど、就任前から大統領としてふさわしい知性の持ち主か否か、危ぶむ声があった(ブッシュが同じような質問を記者にすると「私は記者だが、あなたは大統領候補だ」と返された)。大統領就任後も、2001年11月のブラジル連邦共和国大統領フェルナンド・エンリケ・カルドーゾとの首脳会談上の席上、「あなたの国にも黒人はいるのか?」と尋ねて、その場でライス安全保障問題担当補佐官に訂正されるエピソードがあるなど、知性を疑われるような発言を何度も繰り返した。これらの迷言癖は俗に「ブッシズム」 と呼ばれる。