ID非公開

2020/9/28 22:20

44回答

幸福の科学の大川総裁は「私だけがエル・カンターレである」と言っておられますが、人間皆、すべてが根本仏の子であり、根本仏から分かれ出た魂ですよね。

幸福の科学の大川総裁は「私だけがエル・カンターレである」と言っておられますが、人間皆、すべてが根本仏の子であり、根本仏から分かれ出た魂ですよね。 そういう意味で、根本仏から見れば、大川総裁以外の全ての人々もエル・カンターレであり、同時にイエスキリストであり、同時に仏陀であり、同時にマホメットである、、、、元をたどれば同じ分霊ではありませんか? 我々人類全てがエル・カンターレ~大宇宙の根本仏の分霊である、という事ですよね? 道行くおっさんやスーパーのレジの姉さんもエル・カンターレと呼べるのではありませんか? 見るもの、聞くもの、すべてが根本仏の中にある。 否、根本仏そのものの姿であると言えませんか? 大川総裁が生長の家の生命の実相を読み、神想観していた、という逸話が古い書籍にありますが、谷口雅春氏も、同じ様な事を言っておられます。

宗教34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

2

元信者です。 質問者さんが自分と思われそうなので回答させて頂きます。 幸福の科学教義に質問者さんが述べている内容は入っています。疑問形にされている部分は幸福の科学教義でも言い回しは違いますが述べられてます。 反面、幸福の科学では確かに大川総裁が「私だけがエル・カンターレである」というニュアンスで、エルカンターレ意識を二十何次元以降の存在とされております。 最高位に二十何次元以降の存在(エルカンターレ意識)があり、そこから内包された形で低次元が段階的に造られたという教義であった気がします(職員さん、信者さん、違っていたらすいません。訂正コメントして下さい)。 この両者が矛盾すると考えるかどうかだと思います。 すべてがエルカンターレ意識であり、大川総裁のみがエルカンターレではない、という質問者さんのお考えは上記から私自身は肯定も否定も可能だと考えています。 また、私は最近まで質問者さんと同じ部分について「無限存在が有限存在に宿ることは論理的に不可能で論理崩壊している」という観点から否定的見解でいましたが、言葉というものはそのものがもつ性質である二重のベールからどうしても歪曲されます。また言葉は二元性を起源とするコミュニケーションツールです。そこからは形而上学や観念論と同じく、表現に限界があるということかもしれません。 ここまでだと私はあたかも信者のようですが、違う観点から矛盾や疑問を感じ、会を離れた「元」信者です。 「違う観点」については、長くもなり、質問に関係ないところですので割愛させて頂きます。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番常識的な回答だと思います。

お礼日時:9/29 7:08

その他の回答(3件)

0

「我は、あなた方の永遠の師である。 永遠の師の、その後ろに続くことが、 弟子の使命であることを、ゆめゆめ忘れてはならない。」 (『仏陀再誕』、P53) 「その権威を畏れなければならない。 その権威を信じなければならない。 その権威に従わなければならない。その権威を否定し、 忌み嫌い、この権威を自分の理解の範囲内で 解釈しようとする者は、悉く間違いの淵の中に 投げ入れられる。」(『仏陀再誕』、P311) 「仏陀の法(大川さんが説明すること)を疑い、これを撹乱し、 そして人々の心を迷わしたとするならば、 その者、必ずや地獄に堕ちん。」(『仏陀再誕』、P316) https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11229531821?__ysp=5rC46YGg44Gu5bir ということなのです。

ID非公開

質問者

2020/9/29 6:57

5c7n5f7nc4tre4さん、素朴な疑問を持つことさえもダメなのですか? 北朝鮮の恐怖政治のように、恐怖におびえないといけないほど、エル・カンターレは恐ろしい存在なのでしょうかね? 畏れる → 恐れる・恐怖 ではないでしょう? 疑問に思った事を自由に質問する、それに感動するような回答を書けないものでしょうか?

0

ワンネスの思想の人なのかもしれませんが、 幸福の科学の人には、 そういう思想は通じないんじゃないですかね。。。 エル・カンターレの力というものを、 まだ、会員の誰も見たことがない。 霊言を通じて見ている、とは言っても、 それは、それを信じている人の中にとどまっている。 もし、今後、 エル・カンターレの力というものを見ることになったなら、 この質問にはあまり重要度は置かれないでしょう。

いや、だから、根本仏という部分を、 会員の人も理解できてないんだって。 大川総裁が、この我々の含む宇宙を 手のひらに見ている存在なのか、 それを超えているのか、 それすらもわかってはいない。 この宇宙を外から見ることができるだろう、 ということは教えによって 理解はできてはいるんだけれど。