時代劇で(と言っても時代の幅広いですが)、城や王宮勤めの住み込みの下働きや外で働いてる人って、どこで食事取ってたんでしょう?

時代劇で(と言っても時代の幅広いですが)、城や王宮勤めの住み込みの下働きや外で働いてる人って、どこで食事取ってたんでしょう? 自分の部屋(大部屋?)に毎回膳運んで、食べて台所に戻してって感じでしょうか?

日本史 | ドラマ38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

江戸城や幕府の役所に勤める人は、中の控の間で食べたそうです。 大名は豪華なお弁当をお持ち込み、茶坊主にお茶を入れさせていた。 役人は弁当持参の者と、ご飯だけ持ち込みオカズは役所のお台所で作ったものの配給を受ける者もいたそうです(基本、食べる分のお米は給料として現物をもらってますから)。 宿直の者はご飯もオカズも配給されたそうです。

ありがとうございます ただ質問に記載のように。それよりもっと下の人のこと(特に住み込みの場合)が知りたいのです その辺の事務系職の人は時代劇とかでよく仕事場や控え室などで弁当とか食べてるの見ますが、例えば王宮の女官や、大奥の女中に、庭仕事や馬番など外でする仕事の担当者など(とくに握り飯とか簡単に外で食べられない雨の日とか) 下働きスタッフも数百人とかいたはずなので、どこで食べているものかと思って 食堂的なものは時代劇でも見たことないけど、掃除や水汲みや風呂係や薪割り他する女中とか下女下男だと寝るのは大部屋だろうし、いちいちそこに飯と漬物と汁物程度でも膳を運んでたっていうのもピンと来ないし、どうなっていたのか知りたくて質問しています

その他の回答(1件)

0

日本に王宮なんかない。 京都なら、天皇のいる御所という壁もないスカスカの屋敷でゴザ敷いて夜はザコ寝です。食堂なんかないから、飯が出来たら厨房近くの部屋で順番によそってもらって、食べて終わりです。 町で働いててもすぐ近くが家だから帰って食います。

どこにも日本とか限定してないでしょう? おまけに古代もイメージしてるし、中国韓国あたり含む広域のイメージで聞いてるから、日本には王宮はないとか質問には関係ないから