ID非公開

2020/10/8 17:23

33回答

なぜ地震の押し引きはこのように分布されるのですか?

画像

地震 | 地学15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

こちらの2つの解説が分かりやすいでしょうか。 https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/mech/kaisetu/mechkaisetu.html http://raytheory.jp/nazotoki/shingenmechanism/pwave/ P波の押し波が出る方向は断層のずれによって押される方向です。引き波が出る方向は断層のずれによって引っ張られる方向です。断層にはその外から力がかかっていますが引っ張る力がかかっているとき、断層はその力を減らすように動きます。ですから地震前に引っ張る力がかかった方向は断層が動くときに周囲を押す方向になって押し波が出ます。 これを説明しているのが一番右の図です 断層から押し波が出ると観測点ではP波は最初に上側そして断層から遠ざかる側に揺れます。引き波が出ると最初に下側そして断層に近づく側に揺れます。 これを説明しているのが一番左の図です。 真ん中の図はこれらの知識を使って実際に断層の動く方向を推定しようという図です。 押し引きを観測した方向が分かると断層が押した方向と引いた方向が決まります。この例では横ずれ断層だと分かりますが断層の向きの候補が2つあることになります。

0

押しとか引きというのは、P波の初動です。P波というのは、震源から遠ざかる方向か近づく方向かに振動する波です。したがってP波の初動は、震源から遠ざかる方向か震源に近づく方向かしかありません。 地震は、直交する方向に圧縮する力と引張の力によって起こるものです。圧縮する力の方向には震源に近づく波(引きの波)、引張の力の方向には震源から遠ざかる波(押しの波)が出ます。だから横ずれ断層で地震が起こった場合は、押しの波と引きの波が数学のグラフの4つの象限のような分布に分かれます。正断層とか逆断層で起こった地震の場合は、これとは違った形の分布になります。