ID非公開

2020/10/8 21:02

44回答

親が古家を売る事になりましたが土地に明治時代80円の抵当権がついていました。親は45年前に建て売りを買いました。

不動産 | 法律相談46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

「抵当権をついているのに住宅ローンを組めたのでしょうか?」 ↓ 普通に考えて抵当権付きの土地を担保にお金を貸す金融機関はないでしょう。 抵当権付きの土地は抵当権者への債務が消滅していない状態と見なされますので、いつ土地を取られてもおかしくないリスクが伴います。ご両親が現金を用意しリスク分を割り引いて安く買ったということでしょう。 「このまま売る事は出来ませんか?買い主に迷惑がかかりますか?」 ↓ 大都市周辺で需要があるなら、売れる場合があります。 ご両親が土地を購入した時と同じように、抵当権が付いたままの土地でもいいから安く購入したいという不動産業者はいます。 明治時代の抵当権であれば、抵当権者が死亡または法人解散していることが多く、行方不明や所在不明になっている場合があります。もしそうであれば不動産業者は購入後に休眠担保権抹消手続きを行ったうえで転売します。 抵当権者に相続人がいたり法人解散後に別会社が権利を継承していて、抵当権者が誰か明らかな場合は、簡単に抵当権抹消できませんから不動産業者は抵当権が付いたまま転売します。 いずれの場合も相当安く買い叩かれますが、売れないよりはましかと思います。 大変失礼ですが、大都市周辺でなく価値のない土地なら、質問者様が司法書士に依頼し抵当権抹消手続きを行わないと、不動産業者は買取りしないでしょう。 全ては不動産業者の判断によります。

0

そのままで売却するというのは、買主が嫌がるでしょうね。 ですから、その抵当権を抹消する必要があります。 「休眠抵当権」として、司法書士に相談して、費用と必要な期間を聞いて、納得すれば依頼してはどうでしょう。 手元にその抵当権の抹消書類や被担保債権の完済証明書などがあればいいのですが、それがなくてもおそらくその抵当権の被担保債権が時効で消滅しているでしょうから、抹消は可能だと思います。

0

稀にあることですね。 完済して抵当権を抹消してないケースです。抵当権者の子孫を探して抵当権抹消ですね。 司法書士に依頼してやるといいでしょう。 印鑑をもらうのに幾らかお金を払う覚悟がいるでしょうね。 建物の抵当権なら壊せば済む話ですが、土地ですから それはできませんね。