富山新港に可動橋は 造られなかったんですか? 富山新港は 地域を分断してまで造成された港で 長らく県営渡船が運行されてきました。

補足

つまり当時の富山県は 民主的でなかったってこと ですかね? 可動橋が実現しても 射水線廃止は免れなかった かもしれません。 いつか可動橋は つくると思いますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

何をもって民主的かというかは意見はあるでしょうが、少なくとも日本は間接民主制であり、国民・県民が選んだ為政者が決めたものは「民主的に決定された」といえます。 永久橋(新湊大橋)があり、鉄道復活の目がない今、可動橋を新規に作ることは無いでしょう。

その他の回答(2件)

1

新湊大橋は大型船が港に入れるように大きな橋にしたので、あそこまで大きな稼働橋を作るのは無理でしょうねえ。

1人がナイス!しています

1

そもそもの話、過去はともかく現在の渡船の主目的は通学(富山高専)のための維持運用であって地元民の生活に必要だから維持されているのではありません。 橋も同様に主目的は一般車両及びトラックの往来の短縮ルートのためであり、副次的に海王丸パーク等周辺の観光活性のために作られた橋なので、可動橋など最初から選択肢にはなかったのです。

1人がナイス!しています