塗装後に水研ぎをしてクリアーをする人がいますが、よくブログなどでは

カスタマイズ | カスタマイズ166閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 今度足回りを塗装しようと思っておりますので、早速ホルツを買わせていただきました。 ホルツのクリスタルブラックとクリア、バンパー用プラサフです。 ここで追記になってしまうのですが、 現在車のパーツは日焼け+10cmx2cm程度の薄くこすった傷があるくらいで、ほとんど目立ちません。 ある人が言うに「元の色が黒だから研磨もせずに脱脂→プラサフ→塗装→クリアで大丈夫では?」と。 私的には失敗覚悟で800番くらいまで順番にざっくり研ぐつもりだったのですが、このやり方はどうなのでしょうか? *缶スプレーですし、初心者レベルなのでプロ仕様は求めておらず、そこそこ綺麗で、言われてみればレベルまでで満足できます。 ですので、純正バンパー等のパーツを缶スプレーで簡易にやる場合はどちらの手段をとるべきでしょうか? どちらも簡単には剥がれないと思いますが

その他の回答(5件)

0

クリアーは下地が完全に乾ききる前に塗るのが正解 その方が塗装がなじんで剥がれにくくなるのと クリアーに奥行きが出る だから3だな

0

②は意味不明だろ。プラサフ塗ったら無限ループじゃねーか。 別の塗装だと思うから色々考えるだけで、クリアに顔料が入ってるのがカラー塗料なだけ。 だから、本当は別に普通に重ね塗りするようにクリアも一緒に吹いても問題ないし密着性も上がるけど、塗装するとどうしても埃がついたりするから、それを一回水研ぎする事で平す、そしてついでにクリアの足付けも出来る事が出来る。 そもそもウレタン2液の場合は実は、クリア無しでも問題ない。 メーカーはそう言ってる。 ただ傷保護を高める為にクリアを塗ってるだけ。 メーカーによっては紫外線保護材みたいなのが入ってる。 考え方としては、カラー塗料で既に仕上がってる物を過剰保護するのにクリアを吹いておく感じ。 ただカラー塗料は乾いてから水研ぎして重ねると色の層になるので、補修の時に面倒だから半乾きの内に一気に重ね塗りした方がいい。

ちなみにウレタンとアクリルとか合わせられるけど、面倒だからウレタン2液で統一した方がいい。 アクリルにウレタンクリアは後々塗装面が剥離したりしたわ。 乾いた後の塗装面の耐久性(硬さ)が違うのも問題。

0

塗装とクリアが同じ種類なら③で。アクリル塗装→アクリルクリアとか、ウレタン塗装→ウレタンクリアなど。 アクリル塗装→ウレタンクリアだと①です。乾燥が不完全だとアクリル塗料の溶剤がウレタンクリア層で蒸発できず閉じ込められ、塗装浮きになる。 ウレタン塗装→アクリルクリアは、そもそもできないので関係はないですね。

成分の相性は考えておりませんでした。 一つ勉強になりました、ありがとうございます。 また、以前クリアを厚塗りしたところスマフォケース(ザラザラな革)が当たってしまったところ、指紋のように後がついてしまったことがあります。 塗装半日→クリアで厚塗りといった感じだったのですが、クリアはあまり厚塗りするべきではないのでしょうか? 使ったものはホルツのD4SブラックとA4クリアだったのですが

0

③です。 ただし塗装後数分から十数分でいいです。 ①や②の塗装面を脱脂するのはなぜでしょうか…。塗装面を触る意味がわからないです。

回答ありがとうございます。 ➀②に関しましては、生活をしていくうえで、室内で放置している際に空気中のわずかな油分+αがつくかなと思い、書かせていただきました。 あまりつかないとは思ったのです脱脂は有っても無くてもとは思ったのですが、やはりクリアは塗装後のほうが食いつきがいいのでしょうか?