「帝国主義」というモノの言いに前から違和感を持っていました。

日本語 | 歴史30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

なるほど、過去当時をそのまんまに引き継いだ言い振り、となりそうですね。 今でも米帝とかの言葉を生き生きと駆使する人々は、レーニン革命を未だ新鮮で切実な存在に感じている、という気になりました、、、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答ありがとうございました。 帝国主義という言い方を、歴史の経緯とともに再認識致しました。 やはり率直な表現としては、覇権的な性格を持つ「覇権主義」という言葉が相応しいと思ってしまいます、、、

お礼日時:10/26 23:15

その他の回答(4件)

0

「帝国主義」と言う言葉は「みかどのくに」から転化して、資本主義の発展段階の一つに成りました。 資本主義は次の諸段階を経て発展しました。 <資本の原始的蓄積> 作物を栽培していた独立自営農民の農地の周りを、商業資本家が囲い込んで羊の牧場にし、羊毛工業の原料にしました。邪魔な農民を放火したり殺したりしました。農地を失った農民は労働者階級になったり、新大陸に移住したりしました。 <重商主義> 国王が農民からの年貢の増収を諦め、資本家階級を富国強兵政策で育て、官僚制と常備軍で絶対王政を確立し、保護貿易や戦争で外貨を獲得しようとしました。 <自由主義> 市民階級=資本家階級=町人が市民革命(清教徒革命・名誉革命・フランス革命・1848年2月革命・1848年3月革命・アメリカ独立戦争・自由民権運動・辛亥革命・1917年2月革命など)で国家権力を獲得して、立憲王政や共和制を実現し、自由競争や自由貿易を繰り広げ、政治的には民主主義を主張しました。 <帝国主義=国家独占資本主義> 自由競争の結果、好景気と不況・恐慌を繰り返し、弱い企業はつぶされ、その顧客を強い企業が奪って、独占が進みました。自由競争は決着がつき、金融資本が勝ち組となり、多くの企業はその下請けと化しました。国内の資源や労働者や消費者は不足し、植民地を奪い合って世界大戦を繰り返しました。現代の資本主義で生産している商品の量は、世界の労働者階級が消費する分をとっくに超えており、流行の商品や需要をわざわざ創出したり、そして何よりも世界最大の資本主義国のアメリカでは主要産業が軍事産業であり、戦争を創出しては、軍需品を消費しています。今の中国はまさしく帝国主義ですね。 <グローバル資本主義> 多国籍企業が勝ち組となり、多国籍企業にとっては国境や関税が邪魔になり始めました。貧富の格差は世界規模になりました。労働者=消費者は貧乏で商品が買えず、独占資本は商品が売れず、資本主義の矛盾は露呈し、破綻に向かうでしょう。

0

英語版ウィキだと 帝国主義とは元々1870年代の大英帝国の拡張的路線を「ナポレオン3世のフランス帝国のようだ!」と批判した言葉から来ているそうです(小英国主義といい、貿易さえ出来れば植民地なんていらないという立場) そうですね じゃなんで侵略するの?って話です 国内が貧しいからです 貧しいから、市場を求め、投資先を求めて侵略する つまり資本主義が労働者を搾取するなら高度に発達した資本主義国は必然的に侵略的になる 逆に共産国家は労働者が豊かなので侵略などする必要がない、、、、というのがレーニンなどの考え方でした つまり帝国主義とは「フランスやイギリス(帝国のような)対外拡張主義的な政策」という意味です 本質的に君主制かどうか、些事だと思いますね そう考えると中国は帝国主義そのものです ホブスンは帝国主義の原因を過剰投資、過小消費にもとめました つまり国内で大量生産するが労働者が貧しく国内で捌けない なので国外マーケットを力づくでこじ開けるわけです 今の中国は明らかに過剰投資過小消費です 例えば固定資本形成のGDP比をみると、主要先進国は大体20%前後、途上国でも30%前後に対して、中国は40-50%あります これは過剰投資といってもいいでしょう そしてそれは国内の消費の弱さの裏返しです 中国が債務の罠などと言われつつも対外融資に積極的なのもこうした投資の売り込みという要素があると言われます

0

>一つの国家または民族が自国の利益・領土・勢力の拡大を目指して、政治的・経済的・軍事的に他国や他民族を侵略・支配・抑圧し、強大な国家をつくろうとする運動・思想・政策である。 上記に1文字も「帝」という言葉を含んでいません。なのに、なぜ、質問者さんは勝手に 「帝国とは「帝の国」です。」 とつけ加えるのでしょうか? 実は、帝国と言う言葉には、「皇帝の国」と「多民族を支配する国」の2つの意味があります。いや、中国由来の「皇帝の国」と、ヨーロッパ由来の「多民族を支配する国」は別の言葉と思って良い。どちらも日本語では「帝国」だけれども。

0

引用 帝国主義(ていこくしゅぎ、英: imperialism 、インペリアリズム)とは、一つの国家または民族が 自国の利益・領土・勢力の拡大を目指して 、政治的・経済的・軍事的に他国や他民族を侵略・支配・抑圧し 、強大な国家をつくろうとする運動・思想・政策である 。語源は「インペリウム」(ラテン語: imperium) 。日本では帝国政治、皇帝政治 、帝制 、帝政 、皇帝制 とも訳される。 現在は帝国は北朝鮮位。 実質無い。