中国の言葉に詳しい方、教えて下さい。 「日本」を北京語で発音すると「リュ~ベン」に近い発音だと思います。

中国語 | 中国史122閲覧

ベストアンサー

0

ngについては、ラテン語を話していたマルコポーロなら、中国語の影響と言うよりはラテン語の影響でしょうね。 今でもngやchと言うヨーロッパ言語の古語の形態は沢山見受けられますからね。ngの後ろのgは無声音なんだろうと思います。 ありがとうございます。

その他の回答(2件)

0

その頃の発音は録音機が無かったために実際に聞くことは不可能です。 しかし推論はいろいろありますが、その中で有力なのが「JAPAN」のもとになった発音ではないかという説です。 現在の中国語標準語でも、南方人の発音は「ズーペン」に近い人が多く、当時の多少の変化を考慮しても、「ジ-ペン」「ズーパン」とかではないかと思われ、聞こえた発音をマルコがアルファベットに置き換えたのが「JAPAN」です。 ちなみに現在の中国語の「R」の発音は、清朝後期の北京官話で成立したものと思われます。「R」の発音が西洋人の耳には「J」に聞こえた例は他にもありますので、おそらくこの説が最も近いのではないかと思います。

違うと思いますよ。 Japanはラテン語を話していたマルコポーロが書き取ったものをベースにして作られた幾つかの中の一つに過ぎません。 だから、 >聞こえた発音をマルコがアルファベットに置き換えたのが「JAPAN」です。 これは間違いです。 >その頃の発音は録音機が無かったために実際に聞くことは不可能です。 これも教えて頂く必要はありません。

0

マルコポーロは中央アジアを通って元の都だった北京を訪れています。 私は西安に住んでいた事がありますが、陝西省北部の方言では日本をズーベンと発音し、甘粛省辺りではジッペンと発音すると聞いたことがあります。 マルコポーロの通訳は内陸出身だったのではないでしょうか。

私は、仮説としてJapanの元になったジパングと言うのは「日本」を音読みした「ジッポン」ではないかと思っています。 その仮説を裏付ける、あるいは強化する情報がほしかったのですが、内陸出身とは甘粛省ですか?陝西省ですか?