回答受付が終了しました

社会主義国では国は発展しないと聞きました しかし、ソ連の方が有人で宇宙に到着するのは早かったのですよね? なぜですか?

回答(14件)

0

まず独裁と社会主義は別。 独裁のいい所は、軍事技術に資源(人・物・金など)を集中とかみたいな感じで、一つの技術を突出して発展させやすい。 (独裁の場合は搾取もしやすい) 社会主義についてだけど、資本主義と社会主義の国を見れば一目瞭然だけど社会主義は貧しい国が多いし多かった。 (中国は資本主義そのものと言える市場経済(社会主義市場経済)を導入した結果、経済が大きく発展し豊かな国になった。その結果、格差も拡大した。極端に言えば中国は困窮者だらけだったのが、市場経済導入後は困窮者から金持ちになる人が出てきた。中国では困窮に苦しむ人々が多くても平等だった時代を懐かしむ声も存在する。) 例えば朝鮮半島は北朝鮮と韓国に分かれて、北朝鮮は社会主義になり韓国は資本主義になった。 結果、北朝鮮は貧しくなり、韓国は豊かになった。 ただ、北朝鮮は独裁なので国民が貧しくても資源を軍事技術につぎ込めるので、国際社会から孤立し国として貧しいわりに軍事技術は高い。

1

ソ連だと、民主集中制、とか言ったそうですが、 煎じ詰めれば、つまりは独裁なので、 国民無視で、力の掛け具合を上が決めれたから、 決めた方向に伸びたって事です。 まぁ、冷戦で、核でミサイルでやるかやられるか、の時代なので、 ミサイル技術がないと国がなくなる、と思って そこに国家の技術や資本を集中したんだろうと思われます。 どっかの国も 国民餓死?とか噂されますけど、核ミサイル飛ばしてます。 一緒です。

1人がナイス!しています

0

資本主義は 基本的にカネにならないことはしないので、4,5年で成果を出さなければなりません。また、資本主義は同業者同士が足の引っ張り合いをすることも多いです。

1

社会主義のソ連より、資本主義の日本の方がずっと遅れています。 そして、次に宇宙に行くのは社会主義の中国でしょう。 今、中国は世界中から優秀な学者を集める「千人計画」やってます。 日本では冷遇されている日本の学者も多数参加しています。

1人がナイス!しています