回答受付が終了しました

天然ガスの定義はなんなんですか?シェールガスも含まれるようですが、よくわかりません。

回答(1件)

0

天然ガスには生物由来のものも火山などの無機由来のものもあり、一般にメタンを主成分とする炭化水素のガスのこと。常温常圧でガスの炭化水素の種類は少なく、メタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタンまでに限られる。 油田には一般にメタンなどの揮発性成分が含まれ、油田上層部にガス層があることが多い。また原油に溶け込んでいる割合があるから、原油精製過程でも発生する。 シェール以前の天然ガスの供給源は主に油田と原油から出たものだ。 シェールも原油ができる過程と同じ過程で油母ができるためメタンを含んでいる。シェール岩層は固いためメタンは油母に溶け込んでいたりひび割れなどの隙間に溜まっている。 その他により小規模なものとしてガス田があり、油田のような大きな原油層を伴わないが、生物由来のガスが地下にガス田を作っているもの。 関東の地下にもガス田が広範に存在するとされているが、それを取り出すと地盤沈下で大変なことになるため採掘は禁止されている。 おならの主成分もメタンだから、人体は天然ガス発生装置でもある。川の淀みや水田などでもよく発生している。それらは有機分を微生物が発酵させて発生している。