戦艦大和が建造された理由が知りたいです。 あの時代・状況下であれだけハイスペックな船を一隻だけ作ってもあまり意味が無いと思います。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

その様な事情があったのですね!ありがとうございました。

お礼日時:10/22 0:32

その他の回答(18件)

1

大和型は一隻だけでなく、三隻承認されました。結果的には、戦艦は大和、武蔵の二隻。残りの一隻は空母。 大和、武蔵は、トラック島で泊まってばかりでしたから、軽空母10隻と艦上機を500機ばかり作ってた方が良かった。 でも、アメリカの生産力にかなわないから終戦記念日が伸びてただけかも。

1人がナイス!しています

0

ID非公開

2020/10/19 12:52

大和は「官僚封建政治国家日本」の象徴といえるものです。「上からの命令は絶対」であるのに、その上ってのは「多数合議、多数決制」また「公開」となっておらず、結局のところは、ごく限られた少数の官僚が「私見をもって」、「最高決定」をしている。その決定が「結果的にとんでもないことになると大多数の国民がわかっても」、一度決まって下達されたことはもう誰も止めることができない。新たに官僚が再決定をして再下達するしかないの結果です。 これは「GHQの宿題」のひとつで、GHQは日本を「国民主権国家」とするところまではしたが、よってここから先の官僚封建政治もろもろを打破していくのは日本国民自身であるとし、官僚封建政治はそのままとしました。 まだ私たちはGHQの宿題をこなすことができていません。 「結果が全て」の「行政」。 よって大和は当時の海軍省の一部の者の趣味でつくられたものであると断言されます。

1

大和型が 「何故あの性能になったのか」 と、 「何故戦艦なんて造ったのか」 はどっちも「大和を造った理由」だけれども、質問者さんは文脈的に前者を尋ねているのであって、後者は聞いてねえと思うぞ? その上で前者について述べると、 問1:あれだけハイスペックな船を一隻だけ作ってもあまり意味が無い 答: 「日本で大型艦を建造可能な造船所はたった四ヶ所故に、そもそも数を造れなかった」 だから、 「数を頼むことは不可能だから質に走った」 →欺瞞情報を流してまで秘匿された46㎝砲の搭載により、質的な優位を大和型建造より五年は保てると日本海軍は推算しており、米モンタナ級の出現時期的に読みは当たっていた。 →では逆にダウングレードすれば数を造れるのか?というと 「三万五千トン級戦艦と史実大和六万五千トン級戦艦は倍の重量にも関わらず値段は1.4倍、工期も精々半年程度しか変わらない」 ので、仮に三万五千トン級に落としても、1937年に建造開始して間に合うのは史実同様たったの二隻! 残り二隻の枠は翔鶴型空母で埋まっており、手元に残るのは性能だけ落ちたフネと言うことになる。 問2:同じぐらいの性能である程度まとまって数ある方が効率的に運用できるし戦力にもなる 答: >>ある程度まとまった数 →「日本は、まとまった数を相手に叩き付ける為に、既存戦艦と協調しつつ、それを無意味にしない程度に多少優速な速度として新戦艦に27ノットの快速を与えている」 >>同じぐらいの性能である程度まとまった数 →「日本は新世代戦艦の雛型として大和型を建造しており、戦争が無ければ少なくとも7隻の大和型、改大和型、超大和型を建造して既存戦艦を置き換える予定だった」 と言う二つの理由をもって答えられる。 まず前者は、 日旧式戦艦は全て高速戦艦化され25ノットの快速を発揮可能で、大和型はそれと協調行動可能な27ノットの速力を与えられた。 足並みが揃うことで、合計八隻の戦艦が同一の艦隊行動を可能にする。 それに対し、米旧式戦艦は満載で20ノット程度であって、米新戦艦はカタログでは28ノット以上(戦時満載で実質25ノット後半)と速力の大断層が生じており、協調行動が取れない。 仮に日戦艦を捕捉出来る新戦艦だけで組ませたとしても、米は東西の海岸に戦力を分割せざるを得ず、大平洋側には半数程度しか張り付けられない。 その上、米新戦艦が出揃うのはもはや使い途もない、戦争末期になってから。 本当に必要な時期に動ける米新戦艦は精々八隻程度でしかなく、大西洋側に回す戦力を考えると日本の合計八隻の有力な高速戦艦部隊を捕捉撃滅可能な戦艦戦力は、大平洋側には存在しない。 後者に関して、 日本海軍は諸外国の繰り出す条約明けの新戦艦に対抗し、老朽化した主力戦艦を代替するため、大和型を雛型として改良型のフネを量産する心積もりだった。 かつての八八艦隊計画のように、基本設計を同一とするフネを量産することである程度の量産効果による費用削減も見込めるだろう… もっともインフレもあって、金額的に後期艦の方が高価だが ③計画艦 大和型(1,2号艦…大和と武蔵) ④計画艦 改大和型(110,111号艦…信濃、艦名未定) ⑤計画艦 改大和型(797号艦) 超大和型(798,799号艦) きちんと計画されていないが、続く⑥計画で戦艦は2隻追加される事になっていて、これも大和型の系譜となっただろう。

1人がナイス!しています

>>よって大和は当時の海軍省の一部の者の趣味でつくられたものであると断言 おっすげえな、何て傲慢。 大和を別のものに置き換えても書けるような文章だけど、あなたの結論を導く為の道具に無関係な大和を使わないで貰いたいもんだね。 文脈的に大和を無駄であると言う前提で書いているようだけど、当時の世界情勢や軍事的なトレンドとか、欠片でも知っていたら、まずこんな答えを出せるわけがないけど、どこまで本気で言っているのだろう。 「当時の常識」を知らずに「今から考えれば」不合理な××を造るなんて当時の人はバカだなあ、なんて考える人は「後知恵」の部分すら覚束ない人が多いわけだけど、 あなたは知識や根拠を持って大和を「役に立たないのに一部の者の趣味で造った」なんて仰っているのか是非とも聞かせてもらいたいものだね。

1

値段がね…高いの。 もっと欲しいけど、じゃぁ他のをガマンする? そんな感じかσ(-ω-*)フム。 これはある種の考察ではあるけども、 大和級戦艦は超ド級と呼ぶ。 ドはドーナツのドヾ(゚Д゚ )ォィォィ…では無く、ドレットノートのドだ。 かつて、イギリスが造った戦艦である。 この戦艦の登場で、世界に衝撃が走った…らしい。 細かい話はともかく、それまでの戦艦等を一挙に陳腐化 (イメージのみな話でもあるが)してしまった。 と、同時に…一部の例外はあるが戦艦は象徴な感じにもなった。 今で言うICBM(大陸間弾道)のようなイメージで捉えていい (そう、ICBMも使わない、ある意味使えない… 使ったら(;゚Д゚)!チョォ~ヤバィンデスケドォ~)兵器でもある。 しっかし戦艦大和はその威嚇にさえ使えなかった。 就航前に戦争始めちまって、いや…それでも公表するって 手段もあったろうが、隠匿してしまった。 それが良かったかどうかは考察の余地はありまくるのだけど 空母の有効性が実証されもした時期に、 更に戦艦増産何てならないであろう。 で、戦艦大和と武蔵…同型艦になるハズだった信濃は 建造停止(後に…アレコレありまして、半端に空母化しては みたがイロイロあって、実戦前にあっけなく沈められた)です。 戦艦も使いようが無かったワケでも無いだろうけども、 航空機と比べりゃ攻撃力の範囲は狭い。 ハイスペックと言っても、使える戦場が限定され過ぎた (且つ、燃費も悪い。イタズラに動かすワケにもいかん)。 本当にハイスペックだったのか? の検証もあるんだけど、まぁここは今はいいか。 戦艦大和と少し違う話なのかもしれないが、 日本の生産力をアメリカと対比したら泣くぞ。 零戦が総数1万機以上も生産された云々と本とかにあるが、 他国と比べて決して多くもない事実(;゚Д゚)! ま、他に…相当な金額かけてるんですよ。 傷つけたら嫌じゃん! 貧乏人なのに見栄張って超高級車買ったけど 汚したり傷つけたくないからずっとガレージにって感覚 …だったかもですσ(-ω-*)フム (フォークランド紛争って知ってるだろうか? アルゼンチンVSイギリス。アルゼンチンには中古とは言え 空母を持ってた。一方イギリスはちっこい空母しか無く 負けそうな予感。だが、実際アルゼンチンは高価故か? 出し惜しみしてほぼ前線に出てこなかった。 それだけが理由では無いが、ボロ負けたのです。 中々でも、踏ん切り付かないですよぇ~。高いんだもん)。 しょっぽクン

1人がナイス!しています

0

大和が建造される前に10年間世界各国で戦艦を新造しない条約を結んでいました。日本にとってはアメリカ・イギリスが条約明けに国力に物を言わせて全力で建造されたら、国力で劣る日本は、数で叶わなくてもハイスペックな質で勝る戦艦を建造しなければ戦争に勝てないと思っていたのです。46㎝砲を試作してテストをした国はありますが、技術的に製造が困難で、搭載するには巨大な艦でなければ力を発揮できない事がわかり、どこの国も建造は諦めました。自分たちが不可能なことは日本もきっと不可能だろうと思われていたのと、大和、武蔵の建造を最高機密で情報が漏れるのを防いだおかげで、戦争開始後もしばらく存在は知られずに済みました。結果として航空機や航空母艦の方が兵器として、戦艦より強いため、大和が活躍できませんでしたが、もし、航空戦力の開発がまだ未達であったなら、数で圧倒してくる敵に対し、少数でもハイスペックな大和は活躍できたであろうと思います。