ID非公開

2020/10/18 10:51

11回答

過干渉、モラハラの毒親を持つ独りっ子が成人してからも昔の記憶を追体験している件。

過干渉、モラハラの毒親を持つ独りっ子が成人してからも昔の記憶を追体験している件。 私は大学を卒業して就職するまで実家のマンションが自宅でした。 実家では父親と母親が感情的に怒号を浴びせあっている光景が日常茶飯事でした。 就職して親元を離れ、独り暮らしの静かな暮らしを続けて15年以上経ちましたが、未だに睡眠中に見る夢や、眠りから覚めたばかりの寝ぼけてた状態の時に、隣の部屋で両親が言い合いしている状況の中に居る錯覚に襲われます。数秒経ってから、錯覚であることに気付くのですが強迫観念なのか、なぜこの症状が出るのか、原因を教えて下さい。発達心理学や学問的な裏付けを知りたいです。

ベストアンサー

1

私は質問者さんのケースとは違う毒親家庭で育ちました。質問者さんと同じようにフラッシュバックがあります。 心理療法士さんのカウンセリングを受けて初めて自分の親が毒親である事を知りました。 ・幼少期からの虐待 ・兄弟間での差別 ・成人してからは父が経営する会社で奴隷のように扱われるパワハラで利益はほとんど父にとられてしまう これらが私の脳に記憶として残っていますが、普段は思い出せない。これは私の脳が自己防衛の為に普段は辛い体験を隔離しているが、きっかけ、つまり脳の隔離する力が弱まると表に出てきてフラッシュバックとして現れるそうです。 私が自分が抱える問題に対するアプローチは質問者さんとかなり違います。まず毒親とは何か、どういう心理状態で子供を苦しめるのかという根源的なところから学習して、今の自分がどうしてこうなったのか、現状どうなのかというところまで自分が納得するまで続けるつもりです。 質問者さんの投稿の答えは脳神経についての専門家もしくは専門書から得られる筈です。また、その症状から感じる精神的苦痛を解消したいなら精神科もしくは脳神経科の医師に相談するのが早道かと思います。精神を病んでいる人は現実と妄想の境目が無くなっている人のことを指しますが、質問者さんの場合は正常な判断力があるとお見受けしました。だから脳神経が弱っている事を疑ってみるのが妥当だと思います。 季節の変わり目は特に注意が必要です。くれぐれも無理はなさらないでください。

1人がナイス!しています