父親が死亡した時におりる保険ですが、受取人を娘にするなら生前贈与になるのですか?

法律相談 | 生命保険29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:10/20 9:37

その他の回答(2件)

0

『生前贈与』とは被相続人が亡くなる前に贈与したものなので生前贈与ではありません。 死亡保険金は受取人個人の財産となり相続財産には含まれませんが税金の計算上で相続税の対象となる場合があります。 保険の支払人、被保険者、受取人がすべて違う場合は贈与税の対象。 保険の支払人と受取人が同じ場合は所得税の対象。 保険の支払人が被保険者の場合は相続税の対象。 また、上記したように死亡保険金は受取人個人の財産となり遺留分の対象にはなりませんが例外として遺産総額の6割を超えるような高額な保険金であれば遺留分請求の対象となります。 姉妹2人に平等にしたいなら『遺言書』を作成しておくべきでしょう。

0

原則として生命保険金は相続財産にならないので、相続のときに考慮されることはありません。保険金を受け取ったからといって、相続のときにその分引くとかいうことはありません。 そういうことがありうるという決定を最高裁が平成16年に出していますが、例外としてあるだけだと言っています。 課税上はみなし相続財産として扱われるわけですが。よって、課税は相続税です。