中国で仏教が国家宗教でなくなったのはいつ頃なんですか?

中国で仏教が国家宗教でなくなったのはいつ頃なんですか?

中国史18閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

3

そもそも、仏教が国家宗教だった時代のほうが短い 漢の時代は儒教が絶対だったけど、その後は戦乱でぐちゃぐちゃになって、 唐・宋の時代は仏教・道教が主流を争って その後も、元は仏教寄り、明は儒教寄り、清は仏教寄りと、ころころ変わってます そして近代国家である中華民国が成立して政教分離になりました 中華民国が成立するまでは、清皇帝が仏教の保護者でもあったので 20世紀初頭までは仏教も国家宗教の一部と扱われていた、ということでいいと思います

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/26 0:33

その他の回答(2件)

1

極めて大規模な廃仏棄釈が数回ありましたからね。 逆に、いつ仏教が盛んだったか?ととわれたなら。 隋そしてつぎが唐、くらいだったとお思います。隋の前の時代も仏教冷遇されてましたしね。

1人がナイス!しています

0

中国は10回以上崩壊し、そのたびに文化も言葉も宗教も王も人民までもすべて殺して消してきましたので仏教が根付く間もありませんでした。 最後に仏教の姿が見えた場面は清の時代ですので、日本で言う江戸時代ころです。