超安物ですが新品のチェーンソー。昨日使ってみましたが、途中でエンストして、その後エンジンがかからなくなりました。

画像
補足

燃料は25~50:1の混合油。ホームセンターでよく売ってるやつを使いました。草刈り機でもそうなので、ガソリンそのままはまさか使いませんよ。

園芸、ガーデニング | DIY215閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 空にしてからリコイル20回ほど引きました。ちゃんと引けました。ワニクチとかは持ってませんし、私の使用頻度ではこれ以上の出費と労力はかけたくないので、これで判断するしかないですね。 農機具屋さんのリサイクルですか。なかなか思いつきませんでした。 次に使うのが数年後なので、なかなか買い替えは難しいですが、参考にさせて頂きます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方もありがとうございました。

お礼日時:10/28 3:31

その他の回答(11件)

0

スチールの劣化コピー品です。 個体差がかなりあり(というかそもそも同一のものではない)当たり外れ大きいので、他人が使っているからと安心しても無駄なのです。 どこがいけないのかは 燃料が来ているか? 火花飛んでいるか? あたりから一つずつ原因を探っていかないとわかりません。 使い捨てでも仕方ないかな程度のものですし、場合によっては使わずに壊れているとこもありますので。

0

薪ストーブ用の薪作りでチェンソー使ってます。スチールとハスクバーナの古いのを使ってます。たまに同じような事があります。 最終的にはまた始動できるようになりました。原因はよくわかりません。 基本的な確認事項はプラグを外してガゾリン臭がするかと火花が飛んでいるかです。 ガゾリン臭がしなければ燃料系のホースが外れたり折れたりしてガゾリンが来ていない可能性があります。中華製だとキャブの調整ネジが振動で緩むと言う信じられない事もあるそうです。 ガゾリンが来ていれば、プラグの火が飛んでいるかの確認です。プラグの先端をエンジンの金属部に押し当ててリコイルを引きます。正常なら火花が見えます。 ガゾリンで濡れた状態だと火花が飛ばないかもしれません。バーナーなどであぶって乾かすか、新品プラグに交換してみると良いです。 普通はこのへんのチェックで再始動できます。

0

今現在は充電式チェーンソーを複数使用してますが 昔はエンジン式を所有してました。 年間の使用日数はたったの1日か2日です。 当時購入する気が全く無かったのですがネットで10000弱のがあり 遊びで購入して一応動きましたが2度使用して知人にあげました。 今回のはメーカーさんや販売店に聞かれるのが早いと思います。 私が購入したのも商品はそれなりでしたが それなり程度しか使用しないから安いのにしました。 ピンキリがありますが購入前に口コミを確認してますが 安いのは安いなりだと納得してます。

0

失礼ながら スチール社で出ているチェンソーのコピー品みたいなもので 精度悪く 品質も悪い。どこが悪いと聞かれたら すべて悪いと言うしかありませんし どこかに修理依頼かけても まず受けてくれない品です。 原因は そんな品なので 点火コイルが高温により暴走してパンクしたのか シリンダー キャブの取り付けが高温になり変形起こし 緩みを生じて 圧縮漏れとか 2次エアーの吸い込みとか 酷いのは プラグの電極 絶縁物が高温 高圧で破損というのも過去にあったようですし リコイルスターターも 1度の使用で 爪が破損というのも記事でありました。 保管と言っても そういう物は次の作業に使えないし 捨てるか 飾りにしておくしかありません。 ちなみに ホームセンターで売られている無名の発電機などは ホンダの エンジン コピーしたものです。

ありがとうございます。 幾つか見た動画でも、スチールの偽物と言う表現はよく言われてました。 でも、皆さんそれを使いこなしてるんですよ。私の庭作業なんかよりも本格的に大きな木を切ってる人もいました。 確かに中国製は粗悪品が多いとは思いますが、値段は5分の1とか、それ以下ですから。私のような使用頻度では、何万もするような国産は手が出ません。

0

プライマリポンプは新ダイワでも無いのが有ります。 無くてもそれほど問題では無いです。 止まる場合と再度エンジンがかからない場合の原因で考えられるのはふたつ。 ひとつはチェンソーオイルがキチンと出てるか。 しばらく使ってエンストした時にチェーンを手で回して回るかを確認。 オイルが出てないと熱を持つので、それが抵抗になって負荷がかかって止まる場合があります。 後、確認がひとつ。 写真のリコイルの持つ所の右に黒い所がありますが、そこがどうなってるか。 写真が鮮明で無いのでネットで色々探しましたが、はっきりと確認が出来ないので。 穴がひとつならアイドリング調整。 ふたつなら低回転と高回転のアイドリング調整になりますが。 ふたつあるなら高回転側の調整が合ってない可能性があります。 チェンソーは木を切ると負荷がかかりますが、新品は負荷がかかった状態で調整してるわけでは無いので合ってない可能性があります。 で、高回転側のアイドリング調整が合ってないと不完全燃焼を起こして止まるため、シリンダー内には未燃焼ガスが残った状態になります。 未燃焼ガスが残ってれば、再始動する時は混合気が濃い状態になるので再始動しにくくなります。 低回転と高回転のアイドリングの調整の仕方は国産の取説をみれば解ります。 安物でも構造はどれも似たり寄ったりで、作りは国産と変わりません。 安物は材質が良くなかったりはしますので耐久性とかは期待できませんが、新品でも構造を理解して初めにキチンと整備しておけばすぐに壊れるとは限りませんから。

ありがとうございます。 組み立ても不安だったので、手で回す確認はよくやってました。その時も回りました。 リコイル右の黒い部分ですが、ただのゴムだと思います。小さな四角も、大きめの丸も、何か設置するための穴を塞いだのかもしれません。 同レベルの中国製の中でも、これはかなり作りが省略されてる気がします。

画像