ID非公開

2020/10/19 20:10

1010回答

ローコスト住宅を実際いくらで建てられるかについて。 初めて投稿します。東京23区内で住みたい土地を見つけました。

新築一戸建て | 注文住宅456閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/23 0:36

なるほどですね、建物はオプションなどは最低限に絞って、予算3,000万見ておけばなんとかなりそうですね。 予算アップはちょっと(本当はかなり)痛いですが、一応希望が見えてきました。有り難うございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

コメント有り難うございました。 他の方にも参考になるコメントを頂きましたが、一番知りたかった内容に近い回答をくださった方をベストアンサーにさせて頂きます。

お礼日時:10/26 19:22

その他の回答(9件)

1

約90平米の土地? 「坪」じゃなくて「平米」!? しかも準防火地区で、一種中高層? うーん・・・・。 無理せずもっと広い郊外の土地にしたほうがいいのでは。 建築コストは、ここ10~20年くらい、毎年のように鰻登りのようです。そういうグラフがあるのでググってみてください。いまや坪単価50万はかなり安いところを探さないと無理でしょう。ましてや注文なんか厳しい。建売ならあるね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/23 0:10

はい、平米です。 貧乏で恥ずかしい限りですが、坪単価400から500の地区ですので、私の収入では90坪はとても考えられません。 同じ町内に、更にもう少し手狭な戸建を所有していますが、そこは狭くなってしまったので現在借家にして別の地域に住んでいるのですが、元の地域に戻りたくて。 手狭な家は現金で買ったので現在ローンはないものの、貯金もあんまりない状況です。子供が独立したら夫婦で狭い家に戻るつもりなので、新しい家は10年ほど住めればそれで十分なのでお金をかけたくないんです。

0

東京なら難しいと思いますよ? ましてや樹脂サッシの防火なんてYKKで出していますが、防火サッシは高額になります。 田舎の雪国でなら樹脂サッシ普及している地域なら十分建てられるでしょうが、質問者さんの資金繰りからかなり難しいと思いますよ?

ID非公開

質問者

2020/10/23 0:14

樹脂サッシで準防火地区でも使用できるものだとそんなに高額になるのですね。 であれば、樹脂サッシは諦めざるを得なさそうですね。

2

規格住宅なら坪単価50万以下で建ちます。 が、準防火地区に対応させる必要があるので、オプションでだいぶ盛られるかと…

2人がナイス!しています

2

タマだと坪単価45~50万のグレードはあります。 本体以外に下記費用を確保すれば十分に可能です。 ○付帯工事費:屋外給排水工事40~50万、雨水排水工事20万、屋外電気工事10万、仮設費(電気・水道・養生シート・トイレ)15~20万程度 (配管延長や最終枡までの距離、仮設トイレの種類、養生の内容、各種申請関係を含めるかどうかなどで金額は変わる) ○必要経費:地盤調査費10万、基本図面作成費25万、設計管理費25万、瑕疵保証保険10万、オール電化申請他5万、諸検査費用10万(長期優良住宅やZEH認定は別途) ○その他経費としては、登記・保険・税金など諸経費、土間コン・カーポート・ブロックフェンスなど外構費用、地盤改良が必要な場合の改良工事費用、カーテン・照明・エアコン他

2人がナイス!しています

0

①4人もの回答者がいながら、誰も触れてはいませんが、この土地が「準防火地域内」にあるのなら、これに適合する為の「開口部の費用(窓の防火性能の確保の費用です)」が掛かりますから、この時点で「ローコスト」では無くなりますよ。 https://www.ykkap.co.jp/pro/law/fireproof/law.html ②建物自体が「準耐火構造(木造の場合にはイ耐火とも言います)」で「3階建て」ともなれば、全く「ローコスト」では建てられませんので、坪単価が100万円はさすがに高い部類ですが、坪単価50万円では誰も請け負ってはくれませんよ。 https://www.howtec.or.jp/publics/index/56/ 一番上の「仕様」が「イ耐火(木造の基準)」なので、参考にしてください。 ③勿論ですが、「それなりのお金!」を支払えば、準防火地域でも「木造の3階建て」は十分に建てられますよ。