ID非公開

2020/10/19 21:26

44回答

日本の防衛システムについて

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/19 23:32

敵基地攻撃能力は現在の日本は保有していないのですか?

その他の回答(3件)

0

1 イージス艦2~3隻増加。 *現在の護衛艦54隻体制とかどうするんだろう? ってのが疑問。仮に2隻増やしたら他を削るのか、それとも56隻体制とするのか。 2 ミサイル防衛専用艦建造。 イージス艦に近いんだろうけど、他の性能をオミットして単性能特化型。単価は下がるだろうがどちらにしろ護衛艦艇はいる。 3 陸海分離型。 イージス・アショアを陸にレーダーや管制システム、海にミサイル発射フロートを設置。 4 敵地攻撃能力 撃たれる前に叩け。 北朝鮮に対しては相手が持っている発射機の数や、また変則的な軌道を取る新型弾道弾等の要素によって変わります。 同時に4~5発程度なら日米のイージス艦で完全に撃墜は可能かもしれません。*アメリカの艦艇も展開しているので有事にはアメリカ艦も対処するでしょう。 しかしこれが10~20発同時となるとかなり厳しいと思います。 また敵基地攻撃能力でも、北朝鮮の発射機は移動式なので事前に全てを潰すというのは難しいです。 現実的には事前に数を削り、同時発射数を下げることが出来れば迎撃も容易になる、という感じでしょうか。 *ただ、この場合、可能な限り多くの発射機の位置を把握するという偵察能力、情報収集能力が必須になります。自衛隊も自前の情報収集衛星等は持っていますが、この手のことはアメリカには及びませんからアメリアの協力は必須です。 また遠距離から正確に攻撃する能力も必要です。 *因みに敵基地攻撃能力は無くはないという感じですね。また数年以内にある程度は増強されます。嫌がっているのは北朝鮮ではなく中国ですが。 日本の当面の仮想敵は中国、北朝鮮、あと、場合によっては赤化した韓国でしょうね。

0

今迄通りにイージス艦とパトリオットの2本立ての防衛方法を継続するしか有りません。北朝鮮の次に脅威度が高いのは中国ですね。韓国も何を考えているか分かりませんから警戒が必要です。

0

現時点では北朝鮮が本気で攻めてきたら米軍頼りになるでしょう。 今すぐは攻めてこないと思いますけど、中国ですね。