【テナーサックス】 古いものですが、ヤマハYTS-61、YTS-31、ヤナギサワT-50、

補足

≪補足≫ たくさんの回答ありがとうございました。 ゆYTS-31、61、T-50辺りの古い楽器も「条件付きであり」という感じなんでしょうね。 逆に予算15万円ならどんな選択肢があるんでしょうか? ヤマハの入門機辺りだと新品も視野に入ってくるかと思いますが中国のものとかは新品でも考えていません。 ジャンルとしてはポップスや軽めのジャズあたりをやりたいですが吹奏楽やクラシックはやらないと思います。 引き続きYTS-61やT-50についての意見もお待ちしています。 よろしくお願いいたします。

楽器全般55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

中古品の解説もわかりやすく、さらには台湾製の新品という選択肢を増やしていただいたのでベストアンサーに選ばせていただきました。 ありがとうございます。 購入についてはYANAGISAWAのT-50で分解清掃+全タンポ交換+楽器店の1年保証というものを見つけたので購入前提でいろいろ詳しく問合せ中です。

お礼日時:10/27 1:33

その他の回答(3件)

0

>ヤマハYTS-61、YTS-31 一応、今の62や380と同クラスの機種なんだけど、ヤマハは61以前と以降に大きな隔たりがあって、キィシステムから管体からものすごく大きな差がある。 古いのもそうだし、元々狂いやすく合いにくい構造になっているからもの凄く手間のかかる楽器。 >ヤナギサワT-50、T-900 一部誤解している人が居るけれど、T-50も1980年代に製造されていたスチューデントクラスの楽器。時代としてはエリモナシリーズと同じ頃。 この後にはヤナギサワはこのクラスから撤退したから、この楽器には後継機種がない。 T-900は今のWO1と同クラス、当時としてはヤマハ62クラスの楽器。 どれも価値のあるビンテージとは呼べない古い楽器に過ぎないんだけど、状態が良ければ31以外はダメとは言い切れない楽器だね。現役で愛用している人も少なくないし。 この中で最も時代が新しいのがT-900なんだけど、それまでの使われ方で全く変わるから何とも言えない・・・ どちらにしても、改めて使用するにはお金を掛けてしっかりと調整する必要がある楽器。だから手頃な価格で売っている訳だね(*^-^*) 良い点と悪い点は全て共通で、 良い点→安く手に入る 悪い点→手に入れた後にお金を掛ける必要がある って事かな(^^)/ 中古を手に入れて活用するには、豊富な知識を元に検討するか、運を天に任せるかの2択。もしメルカリやヤフオクだとすると、その両方を受け入れて選ぶ事が必要だよ。

1

YTS-31,61は1970年代の楽器。80年代前半に32,62にモデルチェンジしました。T-50もヤナギサワの初期の楽器です。T-900は確か1990年代の楽器で、今のWOシリーズになるまでマイナーチェンジを続けてきた機種なので、この中で選ぶならT-900をお勧めします。YTS-61はジャパンビンデージとして一部に人気がありますが、操作感などは今の楽器と比べると見劣りしています。古い楽器はメンテが必要なので、知識の少ない人は手を出さない方が良いです。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました