高齢者が車いすで外出する場合、玄関土間まで歩いて行って車いすに乗ることは多々あることでしょうか。

福祉、介護 | 新築一戸建て60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

車椅子生活者のご意見ということで参考になりました。車椅子の折々のための手すりの位置についてもよく考えなければならないということですが、車椅子を置いて、その右側か左側に乗り降りするスペースが必要になりますよね。もし、玄関の土間で乗り降りする場合には、介助者による介助スペースを含めて、どの程度のスペースが必要になるのでしょうか。玄関の幅が1800mmの場合には、十分なスペースがとれず、そこでの乗り降りは不可能でしょうか。また、玄関の幅が2500mmあれば、乗り降りが十分できるのでしょうか。  それとも、室内の広い空間を利用して車椅子の乗り降りを行った後に玄関土間に出て、さらにポーチに出て、スロープで道路に出るというのが最も合理的なのでしょうか。  車椅子で生活されている方のご意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

その他の回答(8件)

0

身体能力次第なので、、、 どこまで想定しておくかの問題。 老人室のベッドからとか、室内で車いすに乗り換えてそのまま外出の方が便利で安全と思いますが。 また、例えばそのくらいの状態になったら玄関からではなく直接老人室から出入りするように設計しておくのもありだと思います。 土地の状況次第ではありますが。 実家での祖母の介護時は、まだ車いすというのは一般的ではなく使ってはいませんでした。 老人室至近のトイレにも行けなくなり、ポータブルトイレをベッド横に置くようになりました。 老人室はベッドと茶の間があり、晩年の祖母はほぼそこで暮らしていました。 なので最終的には玄関まで歩いていく事は困難なのではないかと思いますが。

2

私の義父の場合は、介護ベッドや、介護トイレ、車椅子は、レンタルできましたので、1階の本人の個室にそれらを入れました。 介護保険により、とても安く借りれます。 デイサービスには、車椅子のまま、玄関を通らず、その部屋の掃き出し窓から、テラスに出て、デイサービスの車に乗り込みました。 家の構造により、いろいろな方法があると思います。 車椅子になる前に、デイサービスに行く事が多いですので、大抵は、玄関までは歩いて行きます。 その際、介護保険で、手すりや、トイレ周りの手すりなど安く設置してもらえます。 歩けなくなり、家で車椅子使用になった場合、ベッドから車椅子に乗せ、玄関、もしくは、掃き出し窓まで行き、そこからの段差は、うちの場合は、長い板を敷いて、外に出していました。 その様にできるかどうかは、分かりませんが、方法は、ありますよ。

2人がナイス!しています

0

車椅子での自走は想定しなくて良いです。 先ずは手摺の設置、次に歩行器での自走、そして介助者による車椅子移動、最後が介護サービス利用です。 寝室近くにトイレ設置して、廊下の幅を広く、トイレも広い空間を確保しスロップシンクの設置など、介護認定を受ければ手摺なども1割負担で設置出来ます。

なお、歩行器だとレンタル料は月額2~3千円なので、介護認定で1割負担になり月額200~300円です。 手摺りやスロープなども同様、住宅改修の助成もあるので、その時点で役所に相談すると適正なプランを提案してくれます。

0

家を建てる際に車椅子を家の中で使うかどうかは、考えました。 家の中で使うには廊下や角を広めに取らないと難しいです。土間と床の高さの差も玄関内スロープで解消できれば良いですが、場所を取ります。 結果、家の中は手すりのみで車椅子は使わない前提にしました。 デイを利用しましたが、家の玄関〜送迎の車、送迎の車〜デイセンター玄関の短い距離だけ途中から車椅子でした。 玄関土間まではデイの方と私で連れて行きました。 後半は歩行全般危なくなり、デイセンターの中でも車椅子になりました。 その頃は動いてもらうのが本当に大変で出発準備のヘルパーさんも来てもらっていて、3人がかりで玄関まで連れて行って、車椅子に乗せました。 その後、家では見られなくなってホームに入ってもらいました。 ホームに入るのは、歩行困難になった時かトイレが自力でできなくなった時のどちらかが多いそうです。 どちらが先に難しくなるかは人それぞれなので、なるようにしかならないです。 ご両親ともご健在なら、どちらかがどちらかのお世話をするって状況になりそうなので、私だったら家の中の車椅子は想定しないと思います。それで怪我でもされたら困るし、「私がしなきゃ」と思う負担も避けたいです。

1

その人が、10メートルなら手摺に捕まって歩ける…場合は、玄関まで行って車椅子に乗ることは可能でしょう。 歩けるが、玄関の段差を降りる事が出来ない場合は、廊下で車椅子に座り、レンタルしたスロープで土間に降りる…など。 玄関を出ても階段があったりすると、そこにもスロープが必要になりますね。 ほぼ歩くことが不可能なら、座っている場所(椅子、ベッド)から車椅子に乗り、スロープを使ってそのまま外へ…となります。 室内も、フローリングではなかったり、段差があったり、廊下が狭く曲がり角が通りにくかったり…部屋のドアが引き戸ではなかったり… 色々な条件をクリアしなければならない場合もあります。 本人がどれだけ動けるか…室内がどれだけバリアフリーになっているか…で、変わってくると思います。 家族が神経質で、室内用の車椅子と外出用の車椅子を分けている場合もあります。 玄関で外出用車椅子にわざわざ乗り換える人もいました。これは本人が歩けない場合、負担がかかるため、車椅子を分けずに、帰宅した際には、家族がタイヤを拭くなどして対応していることもあります。

1人がナイス!しています