大相撲の元・嘉風(現・中村親方)が佐伯市を相手取り、東京地裁に提訴をしたそうです。

補足

嘉風に対して、ほんとうに同情や理解をしている佐伯市民の人たちって、どのくらいいるんですかね? 市民一人あたり、7200円ですか? そうとうの好角家かタニマチでなければ、引退した力士一人に対して、こんなに多額のお金を快く出せないと思うのですが・・・ それにしても、5億円ちかいお金を佐伯市に要求するなんて、まったく途方もないですね! もし佐伯市が要求どおりにお金を支払ったら、嘉風は一生遊んで暮らせますか? 佐伯市民の方たちの率直なご意見やご感想を、ぜひともお伺いしたいものです。

大相撲 | 国内481閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

佐伯市の人口が6万7000人余。 4億8000万円を6万7000人で割ると、佐伯市民1人当たりの負担額は7200円弱。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「佐伯市には、金持ちの後援会がない」というのが笑えますね! 嘉風には、ほかに金回りのいいタニマチや後援会があるので、もうこのへんで貧乏な佐伯市と縁を切りたがっているのかもしれません。 つくづく相撲界って嫌な世界だなと思います。 それにしても、嘉風にコケにされた佐伯市民の人たちは可哀想です・・・

お礼日時:10/25 1:26

その他の回答(3件)

0

禍根は残すでしょうね。 結局、最高裁くらいまで争うんだろうけども、気になるのは金額ですね。どのくらい減るのか。親方にも落ち度ありとかでかなり減額されるのかわからないけども。なにせ長くなる裁判で、みんながすっかり忘れた頃に判決が出るでしょう。

裁判をしている最中、嘉風は地元や実家に帰ることができると思いますか? 市役所や観光業者からは冷たい視線を受け、地元の人たちにもそっぽを向かれるのではないでしょうか? テレビの報道で、固い表情のまま裁判所に出廷したり、ふてくされた表情で地元に帰って市長に表敬訪問する嘉風の姿が、今から目に浮かぶようです。

0

役所の方から言われて告訴した可能性があります。 役所のお金は税金から賄われているので、市長や一部の職員の独断では決めれないからですよ。 裁判所からの指示なら賠償金を支払う事が出来るからですよ。 賠償金も満額を期待していないと思いますよ。 請求する限りは説得力のある具体的な金額を表示する必要が有るからでしょうね。 貴方は如何ですか? 貴方が被害者になったら「請求できるものは全て請求する。」とは思いませんか? 貰う貰えないは別として。 私の近くにもいますよ。 役所のミスで被害を負った。 役所の方から「申し訳ないけど役所(自分ところが)を訴えてくださいません」「そうでないとお見舞い金程度の金額しかお支払い出来ないので。」と。

市役所の支持で提訴したとかよりも、賠償額を実質的に負担する佐伯市民のことを嘉風は考えているのか?というのが質問の主旨です。 市長や市役所の人たちは、どうせ賠償額は税金で賄われるのだから、金額の多い少ないなんて知ったこっちゃない、というつもりなのでしょうね。 ただ、市役所を訴えたということは、当然のことながら、嘉風は故郷の人たちを訴えて賠償金を要求していることになります。 嘉風は昨年、引退会見のときに「誰も憎んでなどいない」という発言をしました。 なんとなくトゲのある意味深な発言だと思いましたが、嘉風自身はなかば自己責任だったと認めているのかな?とも思いました。 佐伯市民にとって今回の賠償金要求は、まさに寝耳に水だったのではないでしょうか? もし満額以下の賠償金を佐伯市役所から支払われたとしても、賠償額を税金で負担させられた佐伯市民は、果たして納得できるのでしょうか?

2

相手は、市という組織。 嘉風1人で太刀打ちできるかなぁ、、、、、 日本相撲協会も全面協力して、組織対組織にもちこめないかなぁ。 立場上、出来ないのかなぁ。 佐伯市の市民の方々にも、表面に出すかどうかは別にしても、嘉風への同情や理解を持つ人はいると思います。一生の怪我ですよ。 いい時だけ持ち上げて、あとは知らんぷりは、酷ですよ。

2人がナイス!しています

市という行政機関というよりも、嘉風の起こした訴訟って、佐伯市や佐伯市民に対しての実質的な宣戦布告なのではないか?と思います。 嘉風一人が訴訟を起こしても、たしかに市はそんなにたやすくは、5億円近い賠償金を払えないと思います。 でも、その賠償金の負担を実際にするのは、佐伯市に住んでいる一般の住民たちなんですよ? これって嘉風が、生まれ故郷に対して反旗を翻したことになりませんか? 現役の力士に、市が無理なPRやパフォーマンスを強要して怪我をさせて引退に追い込んだとしても、そうやすやすと、市や市民が非を認めて、巨額の損害賠償を払うことなんてできないと思うのですが? 大怪我をして現役引退になった嘉風には気の毒ですが、「いい時だけ持ち上げて、あとは知らんぷり」を決め込むほうが、佐伯市や佐伯市民にとって、いちばん無難で安全な対応なのではないか?と思われます。