加藤官房長官は「専門領域の業績のみにとらわれない広い視野に立って総合的・俯瞰的 観点」から「内閣総理大臣が日本学術会議法に基づいて任命

ベストアンサー

0

ご回答戴き有難うございます。 過去の自民党政権も権力私物化、支持者への利益供与は結構なものだったと思いますが、ここまでの独裁はしませんでしたね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答戴き有難うございました。

お礼日時:10/27 8:14

その他の回答(3件)

0

はい、支持します。 >>日本学術会議法(以下、日学法と表記する)によれば、首相は学術会議の「推薦に基づいて」会員を任命する(同法7条2項)。この点、中曽根康弘首相は、「政府が行うのは形式的任命にすぎない」と答弁した(参議院文教委員会1983年5月12日)。 この法文および解釈を前提にするなら、首相は推薦を拒否できないと理解するのが自然だ。 めちゃくちゃ不自然です。 >>科学者としての「研究または業績」を会員選抜の基準とする(同法17条) これはひどすぎる切り抜き&改変ですね。 第17条はあくまで推薦に関する条文で、総理大臣の任命に関して何かを制限するものではありません。 17条の何処を探してもそんな事は書いていません。 総理大臣の任命に関してこれを当てはめるのは明らかな間違いです。

0

加藤官房長官は厚労大臣の頃からご飯論法が得意だ 37度5分が4日間続いたらPCR検査が可能と はっきり言っているのに 言っていないとか条件にはしていないなど 国民を煙に巻いているつもりで悦になっているが 頭の悪いネトウヨなどは騙されるが 普通の人間であればご飯論法など全くのナンセンスだ 学術会議でまたトンチンカンなことを言い始めた 「総合的、俯瞰(ふかん)的な活動を確保する観点・・・ 大学教授の多くが意味不明と言っている 大学教授ですら理解できないことを官房長官が記者会見で言うなど 国民への広報として役に立たない バカなネトウヨは「俯瞰的」など使ったことも読んだこともないから 「なるほどウンウン」と知っているつもりでいる 国民をナメきっている いよいよ今週で長〜い夏休みも終わり来週から国会が始まるが 政府はしっかり答弁するべきだ

0

「総合的、俯瞰的立場から反日の怪しい奴を省いておいて」と部下に指示して、その判断を信用して通したということでしょう。 総理が直接省いたのでなくても責任は総理にあり、何も矛盾してませんよ。 任命拒否する権利がないというのは法解釈の1つであって、条文に直接そう書かれてるわけではありません。 法解釈を最終的に判断できるのは裁判所だけです。 特定の研究を禁止していて完全世襲な学術会議は学問の自由にも民主主義にも反しています。 学問会議の在り方にメスを入れようとしている現政権を私は支持します。