本日第5期の叡王就位式でドワンゴの第6期叡王戦主催からの撤退が発表されました。

将棋、囲碁121閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

不二家でしたね。 これは意表を突かれましたね。 正直、どの回答も近くないんですが、序列のことに触れていて、実際に入れ替えがあったのでBAとさせていただきます。

お礼日時:10/29 20:46

その他の回答(3件)

1

第6期叡王戦の開催すら危ぶまれていたのですから、継続は喜ばしいことと思います。 ドワンゴさんが主催契約を解除する、ということなので、次の候補はIT系を手掛けるサービス事業者が有力でしょう。 藤井二冠を契機に将棋の人気は高まっているし、AbemaTVなどメディアMIX戦略も成功しつつあります。 その点も考慮すると、有力なのは、KDDI、ソフトバンク社などの大手通信会社が第一候補と予想します。 第二候補はヒューリック。 棋聖戦の特別協賛や清麗戦で手ごたえをつかみ、ヒューリック杯白玲戦・女流順位戦を今回主催することになりましたが、更に叡王戦を譲り受けることは十分に考えられます。 本日の、豊島将之叡の就位式がヒューリックホールで行われたことも、その可能性を示唆する含みとも考えられます。

1人がナイス!しています