ID非公開

2020/10/20 23:26

55回答

出版社にとって見たら「面白い本でもつまらない本でも、売れる本が良い本だ」なんですか?

読書 | 小説50閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

出版社にとってみたら、「面白い本でもつまらない本でも、売れる本が必要だ」でしょうね。売れる本がなければ、経営がなりたたない。 「売れる本が良い本だ」などとは思わない。必要なだけだ。

1

面白いか、つまらないか、その判断は売れるかどうか、で決まりますからねえ。読者は阿呆ではないからです。阿呆ではないが、他人の評価著名人に流されてしまい、流行を(一時の)作っちゃいますから、あてにはなりません。新聞で10万部突破なんて煽ります。 審美眼は個人で磨くものです。書評、ネットなどあまり信じてはいけません。何年も売れ続けるのはやはり内容が素晴らしいからでしょう。

1人がナイス!しています

0

会社のトップ層とその下の層で信条は違うでしょうね。つまり、本とか売れてナンボだから、という層と、プライドを持って自分たちが面白いと思う本を売りましょうよ!という層にわかれています。

0

それはまあそうですが、そんなゴミをこぞって買う人間にとっては面白い本なわけで… そのゴミについての深い理解と愛情がなければ、ゴミみたいな内容を喜んで買う人間にとってもやはりゴミ本なわけで… 出版社の上層がどう思ってようが、少なくとも編集者はそれを面白いと思って作ってないと、売れる本にはならないと思う。