積立NISAの投資開始年について。 今月、楽天証券にて積立NISA口座を開設しました。

積立NISAの投資開始年について。 今月、楽天証券にて積立NISA口座を開設しました。 しかし今月からでは40万円の枠を使い切るのは難しいため、来年の1月、または再来年の1月から始めたいと思います。 そこで質問なのですが、口座開設しただけで投資開始となり、今年が1年目とカウントされてしまいますか?

ベストアンサー

0

勘違いされています。 現時点において、投資可能な年数は20年ではありません。 つみたてNISAの投資可能な年数は、 設定時の2018年から2037年の20年、 その後の改定で5年延長され2042年までの25年となりました。 ですので、今年の分を含めて投資可能な年数は23年です。 今年投資をしないという事は、1年分を使用せず、 投資可能な年数は22年に減ることになります。 40万の枠に見たいないとも、 現在、投資開始をする余剰金があるのであれば、 今後継続して満額積み立てを続けていく前提で 一つの枠を放棄することになります。

ちょっと日本語おかしかったです。 最後の一文を訂正 40万の枠に見たいないとも、 現在、投資開始をする余剰金があるのであれば、 投資を開始したほうが良いです。 今後継続して満額積み立てを続けていく前提で 今年の投資を行わないという事は、 一つの非課税枠を放棄することになります。

その他の回答(2件)

0

口座開設だけでは枠を作っただけなので数えません。 その口座で何か投資信託を買った時からです。 使わなかった年の非課税枠はなくなります。 ↓下の方の20年のカウント、間違いです。 2020年買付分は2039年まで20年非課税です。 2021年買付分は2040年まで20年非課税です。

回答ありがとうございます。 では2020年に口座を開設しても投資開始年とはカウントされないということですね。 2020年 口座開設のみ(投資開始年ではない) 2021年 買付 (2040年まで非課税)(投資開始年) 2022年 買付(2041年まで非課税) : 2040年 買付(2059年まで非課税) 2041年 投資可能期間終了のため買付なし と2021年から2040年まで20年間が投資可能期間となるという認識で合っておりますか?

0

誤解されています。 購入年から20年が非課税期間という事です。今年A投資信託を購入すると2040年までの運用益が非課税になるという事です。2021年購入分は2041年迄、以下繰り返しです。 期限が2042年迄ですので、42年購入分は62年迄運用益が非課税という事です。 ちなみにですが、2020年が終われば同年非課税枠はもう使えないことになり、仮に2020年1万円分購入すればその1万円に対しては20年間非課税です。 参考までですが、私なら上限40万円を意識せず無理の無い範囲で購入します。

この返信は削除されました