ID非公開

2020/10/22 13:16

55回答

会社から同居している両親を税務上の扶養に入れたら良いと言われました。

社会保険 | 税金91閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/22 19:53

詳しくありがとうございます! このようにデメリットだらけの母親だけの扶養なのですが、役所や会社は節税、節税と、控除額だけの面で勧めてきます。 なんなんですかね… 母親は70歳以上なので所得控除で58万円、住民税控除が45万円で私にとっては103000円の節税となりますが、父親の住民税が65000円かかることとなり、また父親は後期高齢者で何があるかわからない、母親も来年後期高齢者なのでこれまた何があるかわからないという状況なので、扶養には入れませんでした。 しかし母親だけ社保の扶養に入れて来年までの国保料を浮かせようと思ったのですが、会社としては税扶養なら社保扶養もありという事なんでしょうね。

その他の回答(4件)

1

母のみ 税扶養にする。 その結果、父が課税にかわる ならば、 結果的に、 介護保険料等を考えると、やめた方が賢明です。 また、父、母世帯と 質問者さん世帯を 世帯分離したほうが 非課税世帯としての恩恵をうけられるでしょう。 さて、健康保険の扶養ですが 税法上の扶養と 健康保険の扶養を一致させる必要はありません。 ただし、父は不要にはいれず、母だけをいれる は 断られる健保組合は多いです。 これは、扶養される人の主たる生計維持者はだれか? という問題です。 一般に、夫婦の扶養義務は 親子(子が小さい場合を除く) の扶養義務より 強い(優先される)ということになっています その為、夫にある程度の収入があると 息子の方が年収が高くても、息子の社保の扶養になれない = 夫が 妻の生活の面倒を主にみている。 という判断をする ことはよくあります。 これが 夫(父)も社保の扶養には入れるくらいの年収 (60歳以上なので、180万まで) で ご両親を同時に扶養にいれるならば、大丈夫といわれます。 そういう意味で会社がいっているならば、健保の運用が そうなのでしょう。 同居の場合、父より 息子の年収が多ければ 母だけ扶養に入れる のがOKのところもあります。 どう運用するかは、健保の判断です

1人がナイス!しています

2

>税務上の扶養に入らないのであれば社会保険上の扶養はできない、一緒にやるならできると言われました。 ↓ 貴方の会社のマイルールです。 会社独自の扶養手当があれば、そちらにも関連した就業規則があるのかもしれません。 ちなみに、母を税務上の扶養にしたとしても、健康保険の扶養は健保組合に断られる可能性がありますよ。 健康保険の扶養は、「親子」より、「配偶者」が優先されるためです。 「妻(母)を扶養するのは夫(父)」という見解です。 父の収入が多い場合、母は父の扶養とみなされます。 父の収入が少なく、母を扶養することもできない状態なら、父母とも子供の扶養になれます。 一般的には、上記の通りですが、健保組合は全国に1400以上あり、扶養認定には詳細な独自のルールがあります。 そのため、貴方が加入している健保組合の判断となります。

2人がナイス!しています

0

税金の扶養の条件は「生計を一にしている親族」ですので、基本的には同居をしていれば問題無いです。 ご質問の例としては、父・母・娘は同居しているので、生計を一にしていると言えるでしょう。 社会保険の扶養の条件は「主に被保険者に生計を維持されている」ことが条件です。父と娘の両方が母を扶養している状態であれば、どっちがメインかという考え方があるのだと思います。 このあたり、健保組合によって判定の仕方が違うのかもしれませんが、「税の扶養じゃなければ、社会保険の扶養では無い」という法律はありませんので、詳しく話を聞いてみれば良いのかなと思います。

ID非公開

質問者

2020/10/22 13:59

会社の会計士にお任せしているようです、あなたのおっしゃる通り、年末調整での税扶養に母親を入れないとしたならば、生計として母親を養っていない、ならば保険上の扶養は認めないって考えなのかもしれませんね。 設定されている条件としては可能なのですけどね。 来年8月には後期高齢者医療制度なのでそれまでの短期間での国保料金の節約と考えたのですが、うまくいかないものですね

0

ID非公開

2020/10/22 13:21

詳しくは分からないですが、参考までに…(なるかな?) うちは、夫婦共働きです。 夫:社会保険⇒扶養子供3人 税扶養⇒子供2人 私:社会保険⇒扶養0人 税扶養⇒子供1人 こんな感じです。