海外のホテルの看板で [ wash-up ] と言うのは 日本でいうショートステイということでしょうか?

補足

wash-up という表現を使っているホテルの看板を幾つか見てみると、以下のように使ってます。 One night stay P900 Wash-up P300 という感じです。Pはフィリピンペソです。

英語 | ホテル50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。今回のベストアンサーにさせていただきました。 他の皆様にも感謝いたします。

お礼日時:10/27 21:52

その他の回答(3件)

1

それは「売春宿」のことです。 clean-up という看板もあります。 中国や韓国、東南アジアでは、今でも「床屋」が売春宿です。 日本では「マッサージ」ですね。 キーワードが、「髪を奇麗にする」「体を奇麗にする」 ⇒ 気持ちよくなる

1人がナイス!しています

そんな意味合いもあるんですね。 確かに、こちらでは一般客が宿泊するホテルにKTV(いわゆる連れ出し)が併設されているところもあります。店の女性を連れ出したオヤジと家族連れが混在している様はなんとも言い難いです。 あと、繁華街にあるホテルの周辺にもゴーゴーバーやKTVがあるので、そのような客がショートタイムで利用するのかもしれません。