親戚が借金のかたに家を持っていかれそうになったときに、私の亡くなった父が銀行からお金を借りて、家を買い取りました。

親戚が借金のかたに家を持っていかれそうになったときに、私の亡くなった父が銀行からお金を借りて、家を買い取りました。 お金は親戚より父に返されて、そのお金を父が銀行に返しています。つまり、父はお金を一切払っていない様子です。名前だけを貸した状態です。その後のローンも固定資産税もその親戚が亡くなるまで払い続けていました。今回親戚がいつの間にかなくなっていて、市の方から来年度の固定資産税を払ってください的な手紙が届きました。所有者が父になっていたので。父は他界してるので、残された家族が払う形にはなりそうですが、親戚の家が、父名義だというのも市からの手紙で初めてしったので、めんどうなことになりたくないので、名義を母に変え、売ってしまいたいのですが、、おそらく一銭もお金をだしていなくて、所有者が父というだけで、売ってしまっていいものか悩んでます。親戚の兄妹に連絡しようにもつながりません。市も教えてくれません。登記簿の所有者が父なので、売ってもいいかとは思うのですが。。

ベストアンサー

0

所有者が父親でもうその家に誰も住んでいないというのであれば売ってしまっても大丈夫だとは思いますが 母親に名義変更するとありますが一応この家も遺産と言う形になります 父親が亡くなった時に遺産相続の手続きをして相続税を納めているかと思いますが、今回相続の地点では認識していなかった財産が出で来ているので再度税務署の方に申告が必要になりますよ

ThanksImg質問者からのお礼コメント

早急な返答ありがとうございました。 そもそも、父が亡くなった時に、相続分割協議証明書?を作成していなく(特に相続するものがなかったので、まったく考えもしませんでした)今回、家を売るために所有者を相続人の誰かに変更しないといけない!と知りました。とりあえず、親戚のことが気になりますが、できることからやっていかないと!ってことで、法務局に相談予約とりました! また報告できたらさせていただきます。

お礼日時:10/23 17:09