回答受付が終了しました

大人の人。勉強するときにシャーペン使いますか?ボールペンですか? 資格の勉強とか。色々な勉強です。 仕事では使いませんか?

文房具 | 資格107閲覧

回答(7件)

0

普通にシャーペン使ってます。中学生の時と変わらないです。300円から1000円にグレードはアップしました。 テキストや資料に、消せるという安心感があるので、躊躇なく書き込めます。長期間の耐久性も非常に良いです。裏ににじむこともありません。なにより試験で使うでしょう。

0

私はボールペンですね。 まあぶっちゃけフリクションです。 シャーペンは使うのに消しゴムとシャー芯も一緒に持ち歩かないといけないので、荷物の軽量化を考えたら真っ先にリストラしました。 大量に文字を書かなければならない司法試験を受ける人は、たくさん書いても手が疲れない万年筆を使って勉強するそうですよ。

0

シャーペンか鉛筆ですね。 ボールペンなんか使っていたら、1日に何本も芯を替える羽目になります。 それからボタ落ちやカスレが発生すると、 コストアップ以上のストレスとデメリットになります。 提出書類でもないのに、何が悲しくてボールペンなんかを わざわざ使いたがるのがいるのか、全く理解に苦しみます。 青ペンを使うと記憶力が増すというのは「真っ赤な嘘」です。 そもそも学習中にそんなことを意識している時点で、 あきらかに余計なことに注意が向いているので、 集中力が確実に低下しています。 電気工事士の試験勉強をする人にはフリクションの4色ペンが大人気ですが、 それはコストよりも効率や利便性を重視しているからです。 秒単位での時間の短縮が求められる実技試験では、 複線図の迅速な作成に絶大な威力を発揮します。 結線の見間違いや勘違いの防止のために色分けは有効です。 最多では、黒、白、赤、青、緑を使うので、 5色のタイプが欲しいくらいです。 5色全てを使う場合は白の代わりに水色や黄緑を別に使うとか、 白線を緑にして、大抵は1本だけの緑(アース)を鉛筆にするとか、 けっこう苦し紛れの色分けをします。

1

仕事はボールペンやフリクションですが、勉強は エンピツを使います。 それも紙質に応じてHB、B、2Bへと柔らかめにします。 エンピツはシャーペンに比べて手が疲れません。 また減ってきたらナイフで削ります。 気分転換の小休止になります。 また脳を集中、活性化させる効能があるとの 説もあります。 昔、アメリカの某国務長官は難しい国際問題に 判断を下すときは5本も6本もエンピツを削って 考え続けたそうです。 中東をどうするか、ソ連への対応は・・・・ なんて難問を、ひたすら削りながら考えて いたんですね。 高校時代の友人もエンピツ派でした。彼は 超難関医学部に現役合格した同級生の出世頭です。

1人がナイス!しています