鮫小紋の購入を考えています。

着物、和服138閲覧

ベストアンサー

0
画像

ご回答どうもありがとうございます。 素敵なコーディネートのお写真も…黒狐さんも可愛いです笑 若草色の極鮫、絶対に素敵ですね。 工房は連絡を入れれば見せて頂けるものなのでしょうか、興味深いです。 > 「色無地」か「小紋」かを、ご自身で決める事が大切 同じ鮫小紋でも自分自身がそれを"色無地"と認識したいか"小紋"と認識したいかという意味で合っているでしょうか。 考えてみましたが難しいですね、中間のように捉えていました。 ただ、少なくとも別の小紋とまったくのイコールとは思っていなかったです。 > 色無地なら縫い紋でも背に一つがデフォルト?ですが 小紋としたら柄の一部を紋が潰す、という表現にとても納得しました。 先ほども書きましたが自分の中でも小紋と色無地の中間のような位置付けで… その結果目立たない色で縫い紋かな〜と思っている部分もあるのかもしれません。 つづく→

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答頂いた皆さまありがとうございました、様々なご意見を頂きとってもお勉強になりました。 ベストアンサーはお写真まであげて頂いた徳蘭さんに差し上げます。 改めまして皆さまも丁寧なご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:10/29 22:58

その他の回答(6件)

0

フォーマルと言っても、色無地でなければ結婚式は無理だと思います。 昭和30年代の、黒絵羽を合わせて入、卒業式とかはありましたけど。 それから、フォーマルにも着たいなら、裄がどうのというのは既製品か中古(新古)品ということかと思いますけど、ぜひ反物で見て、自分にあわせて仕立ててください。 紋は白抜きではなくて、生地の色に合わせた染もできます。そしたら目立ちませんよ。

ご回答ありがとうございます。 そうなのですね、よくよく考えると結婚式はもう少し華やかなものを着てお祝いしたいなと思いました。 仕立てるのが一番ですよね。 まずは既製品で色々失敗して、そこから浮かび上がった理想を自分仕様の着物に反映させたいなと考えています。 抜き紋は白以外でもできるのですね。 ありがとうございます、お勉強になりました。

0

・③と④ 最初から広範に着回しをお考えなら同系色濃淡の縫いの一つ紋はつけたほうが良いです。 大丈夫。帯次第で、カジュアルに着づらいことはないですから。 ホント、陰紋の芥子縫いなどの縫い紋は全く目立ちませんし、お洒落着でも普通の家紋を紬につけることもあるくらいなので縫い紋は堅苦しくありません。 出来たら、④極鮫で素材感のいいものを。 ・紋なしの①②は小紋扱い=街着・おしゃれ着・カジュアルです。 両方前から見たら紋ありと同じですし、上質な②の場合、全くカジュアルの小紋と同格とは個人的には思いませんが・・・。 洋服に例えるのは誤解のもとなのであえて控えます。 ・裄はカジュアルでも最近は一昔前より長め。 カジュアル~略礼装、全般に手のくるぶしは隠れたほうが良いでしょう。 甲にかかるのは長すぎです。 手を前に出すと短くなりますから真横で45度広げた状態で見てください。 ご質問外: 鮫小紋がお好きということですが、他の三役や五役はご存知でしょうか? 格の高い江戸小紋の柄の中で、昔から人気の高い鮫小紋より他を選ぶ方も多いと思います。 特におしゃれ着として着る場合、万筋・角通しなどもシンプルですがおしゃれかと思います。 エンジの鮫小紋はかつてはやりすぎて、リサイクルで出回っていますから茶系、グレーなどお勧めです。モノトーンは法事などにも着られます。

丁寧なご回答どうもありがとうございます。 縫い紋ありでもカジュアルに着づらいわけではないとのこと、 縫いでも紋ありの普段使いはかなり抵抗があったのでとても安心できるご意見です。 紬に紋を入れることもあるのですね…! 余談ですが昨日初めて紬訪問着の存在を知り、また混乱していたところです笑 確かに、背後に回って確認しない限りは見えないですね。 着物に同化する色でしたら尚更じっと見る必要がありますし…。 やはり最近はくるぶしが隠れるくらいがベストという風潮ですよね。 探す側からするとつらいです笑 つづく→

0

他の方の回答に付け加えるとすれば、冠婚葬祭には正絹で自分の体型を採寸して仕立てた物を着る、でしょうか。 お友達とお出かけしたりする時はカジュアルでも化繊でも良いと思いますよ^_^

1

洋服でも、礼装と普段着を兼用しませんよね? なぜ、着物には求めるのでしょう。 普段に使ってるものは、本人は気付きづらくともしみったれてきます(清潔感に欠ける) そんなものをおめでたい結婚式に着るんですか? それは大人として、非常にいただけないことです。 線引きしてお召しになることをお勧めします。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 > 洋服でも、礼装と普段着を兼用しませんよね? なぜ、着物には求めるのでしょう。 江戸小紋ならそのようなことができるという記事をどこかで読み、 着物ならそんな発想もあるんだなという認識でした。 やはり無理があるのですね。