航空便のx線検査

ベストアンサー

0

そうなんですね。ではもしその時にだめなものが入っていたら、国際便の場合その品物は破棄されてしまうんでしょうか?それとも荷物ごと返送??返送されたら送料結構高いですけど、返ってくるんでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々と詳しく教えて頂きありがとうございました!

お礼日時:10/27 22:42

その他の回答(3件)

0

日本は開けられないのかも知れないけど、欧米の空港では、X線検査の後、不審であれば、荷物を開けられます。 出国、入国もどちらでもです。 ある空港で、X線検査の時に、係官がニコニコしながら、ギリシャの帰りかと尋ねるので、そうだけど、どうしてと、尋ねたら、手招きするのでX線検査の画面を見せて貰いました。 確かに、金属ではないけど、瓶とかも、土産物の形がきれいに写っていたので、ギリシャ土産と分かったのでしょう。 フライトだけでなく、国際郵便局の受け入れも同じ事をしていて、不審物は分かります。

0

検査しているのはプロの人ですから、シルエットだけである程度はわかると思います。 シルエットで分からなければ、ケースを開けて調べる。

0

Ⅹ線検査はかなりの精度で見分けることができます。 預けていけない代表的なものはモバイルバッテリーです。 入っていれば呼び出されます。 国際線では問答無用で没収されることもあります。 機内持ち込みできない代表的なものは刃物です。 カッターナイフやハサミのような刃物が入っていてばカバンを開けて検査され、自主放棄か搭乗中止の選択を迫られます。 リチウム電池製品はカバンの中に入れたままで大丈夫です。