24と36と48の最小公倍数についてです。 中学受験の連除法で計算すると288になると思うのですが、実際は144ですよね?

中学受験 | 算数49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

最後の部分をうっかり忘れていました! わざわざ画像でありがとうございました!

お礼日時:10/23 22:07

その他の回答(2件)

0

12)24 36 48 2)2 3 4 1 3 2 で12×2×1×3×2=144です。 3つの数字のうち2つに公約数があればさらに割るのです。

0

24と48の最小公倍数が48なので 36と48の最小公倍数を求めればいいだけのことです。 36=2²x3² 48=2⁴x3 ゆえに 2⁴x3²=144