作者:高田敏子の橋という詩について。 "橋の向こうに"という表現はなにをたとえているのですか?