アニメや映画で峰打ちで後頭部か首をぶん殴って相手を殺さずに無力化してるシーンを見かけるんですけど、刀とか剣って全然軽くないですよね?死んじゃうんじゃないですか?生きてても植物状態とか首から下動かないと

アニメ | ヒト30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

まず 反りのある刀の棟側でぶん殴ると あたった力が逃げず 刃切れ(亀裂)を起こす確率が高まり 最悪 一撃で折れる事になります。 第一 振り回し難いです。 けれど 実際には そうした使い方をした例もある様で、安部譲二さんのエッセイに 留置場で一緒になった人が落ち込んでいるので 理由を問うと 「手加減する積もりで ミネ打ちでぶん殴ったら 死んじゃった…」だと。

0

峰打ちはかなり重たい鉄の棒でぶん殴っているのと同じですw 当然「気絶するだけで無傷」なんてあり得ませんw 貴方の言うように手加減なしに首を殴打すれば、頸椎骨折しても不思議ではないです。 これは、首にチョップで気絶とかも同じですし、クロロホルムで一瞬で気絶というのもデマです。