雇い止めされた場合の有給休暇償却について教えてください。

補足

有給休暇の処理をどうしたらいいのか知りたいです。 最終的に会社と協議して買取をお願いする事になりますか? 法的義務はない様なので。 30日前までの「雇い止めの予告(解雇予告)」は無くても違法ではないのは分かりました。

ベストアンサー

0

ありがとうございました。 10日以上付与された1年内に実質5日休ませたかの時季指定義務違反には抵触していません。 おかげさまで雇止め通告は義務ではないのが分かりました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/25 17:15

その他の回答(3件)

0

3カ月毎の契約で、一年以上ですので、予告期間をすぎてからの雇い止めは、やむを得ない事由や今回の契約で終了と記載がない限り違法で、 かつやむを得ない理由があろうとも、解雇扱いとなりますので、30日に達しない部分の予告手当を支払わないといけません。 それを踏まえて、手当相当として、有給の買取を要請したらどうでしょうか。 買取については義務はありませんが、労基に相談されることを考慮して、応じる可能性があります。

ありがとうございました。 ご回答を基に調べましたら弁護士事務所の情報として以下がありました。 30日前までに雇止め予告をすることが適切であり、また30日前までに予告をしなかった場合には、「解雇予告手当」相当を支払う義務はないと記載されていました。 有給休暇については未だ分からないので検索継続中です。会社側と協議して買取で調整というのが妥当みたいですね。

0

離職時に残った有給休暇の買取は「認められてはいます」が、「義務はありません」です。 なので会社次第ですね。普通は買取はありません。 その場合、使い切れなかった有給休暇は消えてなくなるだけです。 なので、せめて明日からでも全部休んでしまうことが、一番の利益ですね。それを断る権利は会社には無いわけですから。 ただそれだけ有給があるってことは、かなり長い年月の契約更新をし続けたてことでしょう? であれば解雇予告も予告手当も必要です。

0

労働者からの有給買い取り請求に対して会社には買い取る義務はありません。 有期雇用であっても3回以上契約更新したり、通算して1年を超えて勤務している場合は30日前の予告が必要です。