当マンションは、玄関前床面に御影石のタイルを敷き詰めています。

当マンションは、玄関前床面に御影石のタイルを敷き詰めています。 長年の雨などの影響で、タイルの四方のシーリングの箇所から、シミが拡がって来ている状態に成っております。 このシミを取る有効な対策は有るのでしょうか、無ければ張替え等の処置が必要になるでしょうが、その場合は電動ハンマー等を用いた騒音を伴う工事になるのでしょうか。 また、タイル表面を研磨でシミを除去する等の対策は可能でしょうか。 宜しくお願い致します。

リフォーム | DIY28閲覧

ベストアンサー

1

本御影石の回りをシーリングで埋めていて かつ シーリングの回りの御影石の色が変わって来ている場合に考えられることは シーリングのブリード現象で シーリング材の油脂が御影石に染み込んでしまって 「染みあとが広がる現象」が良く発生します 残念ですが 本御影石に油脂が染み込んでしまって色が変わっていますので これを除去する方法はありません もしも施工会社がハッキリ解っているのでしたら これは瑕疵になりますから 施工会社に責任をとって貰って直して頂くのが適切かと思います シーリング材には 必ず 石材に使う場合の注意 と 「石材には使えません」という注意書きが必ず書かれていますから それを無視して使ったのだと思います 勿論 石材に使うことが出来る「ノンブリードタイプ」のシーリングもありますから 本来はその商品を使わないといけません 建築業の常識なのですけれどね これって つまりは 結論としては張替する しか方法がありません 残念ですが

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

タイルなら研磨不能、本石なら研磨可能です、 電動ハンマー等を用いた騒音を伴う工事→部分的に張り替え出来ます、音は出ますが、保健所(市役所)に届けが必要な特定建設作業にはなりません。