回答受付が終了しました

囲碁とか麻雀は負けてもらったら分かるのですか。

将棋、囲碁31閲覧

1人が共感しています

回答(5件)

0

接待マージャンだとわかっていますよ 要するに直接金を渡すと収賄になるから、マージャンの配当金ということにしてるだけです 日本一頭が良いらしい東大キャリア官僚の考えることは、子供でも恥ずかしくてできません 官僚とねずみ男は相似です デモ、クーデターも起こせない国民がボーとしてるから、まことに日本は平和です

0

接待麻雀のコツは、ワザと負けてると相手に思わせないことです。 上手な人は急所で上がらないようにしています。自分が国士無双を自模っていても平然と捨て牌するのです。 露骨に振り込むなんてのは下の下です。暴牌する奴だと嫌われます。トータルで相手に勝たせるようにするのが接待麻雀です。そう打っていて自分のポケットマネーを大きく減らさない。それが出来れば100点です。 囲碁、将棋の場合は難しいですね。読みの勝負ですから、ワザと緩めている、ワザとポカしたな、というのが、バレてしまいます。囲碁の場合だとヨセで緩めて2~3目負けてあげるのが良策かと。

0

>当の本人は囲碁とか麻雀などでわざと負けてもらっているのが分かるのでしょうか。 それがわかる実力があれば、負ける方も楽なんでしょうね。

0

本人が同じ条件を希望しない限り、囲碁は石を普通置くんじゃないの? さすがに同じ条件でプロもしくは先生と呼ばれる人と対局して勝てるわけないのは分かっていると思う。 プロに囲碁で同じ条件で負けて自尊心を損なう人は普通いないよ。 ただ、プロ側は手を抜いて(石を置いた上での)わざといい勝負になるようにすることはよくある。 これは機嫌を損ねないために手を抜くという意味だけでなくて、相手に囲碁の勉強になるようにわざとチャンスを与えて考える機会を作るという意味もある。 相手の勉強のために手を抜く囲碁、つまり指導碁という。 プロは最初から真剣対局は受けないよ。 指導碁という形で対局を受ける。 圧勝してしまえば相手の囲碁の勉強にはならないという考え方だ。 プロ側が負けても「指導のために手を抜きましたから」と、本当の負けとしては決して認めることはない。 麻雀はプロが真面目に頑張っても運の要素が入るのでプロ側が負けることは別に珍しいことではない。 麻雀には詳しくないのでこれ以上は私には分からない。

0

もちろんそうです。 接待碁、接待将棋、接待麻雀と全部熟語辞典にあるでしょう。