ID非公開

2020/10/25 11:32

44回答

子供3人居て、旦那から離婚を言われた方。 どのようにシングルになる決意をしましたか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/25 17:17

行方不明ですか…土壇場で逃げ出すなんて… 本当に仲良さそうな家族を見るとかなりキツくなってしまい、現実から目をそらし、仲良かった頃に戻りたいと何度も何度も考えてしまいます。 養育費は払うと言ってくれてますが、正直不安です。信じるしかないですが、信じられないから離婚になるわけで…ただ子供たちのお金なのでここは強気でいきますが。

その他の回答(3件)

0

養育費は入れてもらうようにしないといけません。弁護士入れてでも書面で残すべきです。

ID非公開

質問者

2020/10/25 17:10

養育費は払うと言ってくれてますが…正直不安です。

0

元シングルマザーです。 現在は再婚していますが。 知人で、子供3人を連れて離婚した人、いました。 一番下が0歳の乳児でした。 いっそのこと、お金が全然ない方がいいのでは…と思います。 知人の場合は、離婚慰謝料ももらわず、離婚と同時に生活保護を受けて、きれいめの公営住宅に入居。 保育園に3人を預けて(たぶんタダ)、趣味に打ち込む生活をしばらく続けていました。 持ち金5万円以下でないと、生活保護は受けられません。 だから、お金がない方がうまくいくともいえるのです。

ID非公開

質問者

2020/10/25 17:12

所持金5万以下ですか… キツいながらも趣味に打ち込める生活なら良いリフレッシュになったかもしれませんね。 私は生活保護は受けませんが、国からのお金は上手く活用したいと思ってます。

2

1.「離婚届の不受理申出」を出す。 2.夫が勝手に出て行った場合は、「婚姻費用の分担請求調停」を起こしてお金を取り立てる。 この辺は必須事項です。そもそも離婚に応じる義務はありません。 「手切れ金1000万円で離婚しますよ♪」で良いのです。 安易に離婚に応じる必要は無く、夫の不貞行為の証拠(ラブホへの出入り等、写真か動画でSEXを類推するに十分なもの)を複数回分確保できれば、子供が成人するくらいまで離婚判決なんて出なくもなりますし、慰謝料も取れます。 とにかく、いま成すべきことは離婚拒否です。修復ではありません、拒否です。 その上で、立ち行くだけのお金を引き出すことは必須ですよ。財産分与も年金分割も権利があります。応じずに勝手に捨てて、婚姻費用すらも払わないなら夫による不法行為が確定するので、離婚判決は出ません。 夫があなたにお金を払わないのは法律違反なのです。その法律を冒す者からの離婚要求は認められないです。 夫婦関係調整調停(離婚) https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_01/ 婚姻費用の分担請求調停 https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_03/ 1番目は離婚条件交渉用なので、あなたからは起こさなくても構いません。2番目は夫が出て行った場合には起こした方が良いですよ。調停は裁判では無いので、弁護士無しで構いません。費用は1件なら3000円もあれば事足ります。婚姻費用は「申し立てた月以降の分しか認められない」のが原則ですので、別居したら早い方が良いですよ。夫から取れる金額は下記で計算できます。 婚姻費用・養育費算定表【2019年改訂版】 https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/ 【旧版】婚姻費用算定表に基づいた計算機(別居から離婚まで) http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2wfspcal.html 【旧版】養育費算定表に基づいた計算機(離婚成立後) http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2chspcal.html 改訂版はPDFです。簡単に出せるのは旧版の計算機でしょう。旧版の方は手堅い最低額だとお考えください。裁判所で争い、合意できなかった場合に裁判官が決める金額が上記になります。従って、あなたが「算定表通りにください」の一点張りにするだけでも、この金額の「権利」は勝ち取れます。あとは夫の勤務先に対して給与の差し押さえをしてしまうまでのことですね。源泉徴収票、無ければ給与明細など、年収と勤務先の証明が確保できているとなお良いです。差し押さえ先の調査も可能になっています。 決断も糞も無くて、夫と死別なら強制的にシングルですよね。ところが夫は生きていますから、生きている夫から如何に絞るかを考えた方が良いですよ。自分にどんな権利があって、どんな強制力を執行できるのか、きちんと勉強してください。質問するだけの受け身な体制で居たら良いようにやられることもあり得ますので、自分で学ぶ姿勢が必要です。 もちろん、知恵袋や弁護士等を活用してもOKなのですが、一から十まで全部あなたに手取り足取り教えてくれる人はさすがに居ないでしょうし、何より膨大な情報をあなた自身が身に付ける作業は必須ですよ。 1.婚姻費用(離婚成立前) 2.養育費(離婚成立後) 3.財産分与 4.年金分割 ここまではあなたにある権利です。さらに条件を満たせば、慰謝料も加わりますし、交渉を成立できれば手切れ金を取ることも出来ます。 離婚はある意味で戦争です。知恵武装したものが勝ちます。あなたが丸裸で夫の前に立ってあっさりやられてしまうか、戦車で武装して夫を倒すか、どちらになるかはあなた次第なんですよ。 まあとにかく、「離婚届の不受理申出」を出して、夫が偽像離婚届を出さないようにはしてください。これさえ出しておけば、最低でも3年は離婚できません。その間に夫の不法行為等を証明できれば、さらに先延ばしも可能ですし、3年もあればそれなりに勉強もできて、権利の行使もできるでしょう。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/25 17:20

色々とありがとうございます。 不受理届は提出済みです。 離婚は戦争…本当にその通りですね。 色々勉強がんばります。