堤防を散歩していたら、屁が出そうになったので誰もいないので思い切りぶちかましたら、丁度死角の土手からお婆さんが上がってきて「ひいっ!

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ぽかぽか気持ちよく、川からの風も心地よく、こんなときにしか外で思いっきり出来ないよね、運動している自分へのご褒美だと思って遠慮なしにかましてしまいました。 まさか草の繁った土手から這い上がってくる人がいるとは夢にも思わず、こちらも大変驚きました。恥ずかしいし、決してあなたに向けてやったわけじゃないんだよ、誰もいないと思ったからやったんだよと思いながら後ろを振り向かずスタスタ歩きました。ちょっとあの呆然とした顔がトラウマです。 今後、気を付けます、、