副業に関して質問があります。 私が今務めている会社は副業禁止になっています。

副業に関して質問があります。 私が今務めている会社は副業禁止になっています。 私は趣味で読書をしているのですが、数年前から1本だけ小説を書いています。 あくまで趣味レベルで進行もマイペースなのですが、完成したら各出版社の作品募集に応募してみたいなと考えています。 そこで気になったのですが、万が一審査に残り書籍化された場合、これは副業の対象になってしまうのでしょうか。 私自身最後まで残るとは思っていないのですが、万が一副業扱いとなってしまうと最悪退職につながってしまうので気になっています。 副業とは「本業とは別に収入を得る為に行う仕事」と調べたらでており、私は仕事目的ではないと考えています。 無理ならネット投稿も考えていますが、出版社への応募は少し憧れもあるのでできれば応募したいなと考えています。 長文となってしまい読みにくいかもしれませんが、皆様のご意見を頂ければ嬉しいですので回答のほうよろしくお願いいたします。

この仕事教えて | 小説42閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

1.万が一審査に残り書籍化された場合、これは副業の対象になってしまうのでしょうか。 なりません。勤務時間内には一切執筆せず、趣味として書いている。これを副業とはいいません。賞金を取ろうが、書籍化されて印税がでようが、それは趣味として書いた小説が結果的に収入を得ただけ。何の問題もありません。これを副業として懲戒処分とするまともな企業はないし、「勤務時間中に執筆した」とか「社内の情報や顧客情報を利用した」とかがない限り、懲戒できる法的根拠はありませんから。 がんばって書いてどんどん応募しましょう。 もう一度留意事項を書いておきます。 ・勤務を要する時間帯には一切執筆を行わないこと。昼休みはもちろん可ですが例えば外回りの移動中なども不可です。 ・会社勤務によって得た「一般的ではない情報」や、顧客に関する情報を使わない事、会社の上司や同僚や顧客をモデルとしないこと。許可なく社名などを使ったり、連想されるような描写をしないこと。 但し、その後出版社から依頼を受けて「最初から原稿料を受け取る契約を結んで」執筆をする場合は法的には副業にあたります。但し、この手の副業については社内規定で例外を認められるところはあるので、そういうレベルになった場合は、迷わず上司に相談しましょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 今は心配せずにできることを進めていこうと思います。

お礼日時:10/30 15:50

その他の回答(4件)

0

名前を変えたらどうですか。 基本執筆は副業扱いしない場合が多いですけどね。公務員も執筆に限りokでしたよね。

1

受賞して賞金が出るのは副業とは言いません。賞金・ご褒美ですから。 ではそれが書籍化して印税が出たら、それも副業ではないです。もらう段階では書いていないわけですから。 ではその後、小説家としてデビューし、次回作の執筆をすることになったら、それは仕事として書くことになったわけですから副業となります。 ただし特殊な例となりますので、本業の会社がどう受け止めどう解釈するかは、その会社次第です。

1人がナイス!しています

1

率直に言ってもよければ、現実的にはまず受賞までには至りませんので、受賞してから心配すればいいという話になります。 また仮にそうなったとして、同じレベルの作品を書き続けるのはそれ以上に難しいので、一作が受賞しただけなら勤務の邪魔にはならないでしょう。 でも頑張ってほしいとは思いますが。

1人がナイス!しています

0

まず 副業での禁止の目的 本業がおろそかになる事 睡眠を削ってとか なので、副業にあたるとは思うけど ここから、会社での退職に値するかは 会社によって認識が様々になります 連載でも抱えない限り 趣味の延長とも取れます ただし、公務員だとムズいですね バレなければOKという考えも 収入があっても会社にはバレません 副業分は個人で税金の申告をします これを元に住民税(給与の天引きのやつ)が会社に送られますが これが普通より増える ただ、数百万レベルで増えないと 目に見えて高額にならない